【アルデバランS】エルデュクラージュ 苦手な小回りでも完成した今なら克服可能

 

こんばんわ、ウキョーです。
快進撃を続けるロードレガリスが人気になりそうですが、スタートの二の脚がつかないため、初オープンのペースでどうか気になるところです。
また、時計勝負に強いタイプなので、時計がかかっている今の京都ダートもプラスとは言えません。

京都ダ1900mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 カフェリュウジン ×
2 ローズプリンスダム
2
3 サトノプライム ×
4 ブレスジャーニー ×
3
5 スワーヴアラミス
6 ロードレガリス
4
7 エルデュクラージュ
8 ジョーダンキング
5
9 アポロテネシー
10 エアアンセム ×
6
11 ハヤヤッコ
12 ヒーズインラブ ×
7
13 タムロミラクル
14 サンデーウィザード ×
8
15 ビルジキール ×
16 マイネルクラース × × ×

【軸推奨馬】
◎ 7番エルデュクラージュ
○ 9番アポロテネシー
▲11番ハヤヤッコ
△ 8番ジョーダンキング
× 5番スワーヴアラミス

◎エルデュクラージュは、相性の良いコースで【5 1 5 4】の安定感。陣営は広いコース向きで小回りに対応できるか心配しているが、京都ダ1900mは東京ダ2100mと相性が良いので、この舞台なら問題ないはず。昇級初戦で高速決着になると厳しいが、時計がかかっている今の京都ダートなら好勝負に持ち込める。

○アポロテネシーは、準オープンを勝ち上がってから重賞を2戦して経験を積んできた。こちらもスピードランク7位と、時計勝負になると不安が残るものの、今の京都ダートなら大丈夫。有利枠を引き、鞍上はコース得意の松山騎手へ乗り替わる。これなら展開も向いてくるはず。

▲ハヤヤッコは、レースタイム差+0.7のポルックスSで2着好走。そのポルックスSが休み明けだっただけに、ひと叩きして、時計がかかる京都ダートなら前進が可能。乗り替わる川田騎手はテン乗りになるが、当コースランク4位の実力者。重賞勝ちで56キロの斤量も魅力。

△ジョーダンキングは、有利枠を利した展開待ち。×スワーヴアラミスは、とにかく時計が速くなってほしい。

東京メインの節分Sの予想はこちら→(◎12番リカビトス)
京都準メインのエルフィンSの予想はこちら→(◎10番ファーストフォリオ)
小倉メインの太宰府特別の予想はこちら→(◎5番ターフェルムジーク)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA