【予想】アドマイヤスコール 前走の水仙賞を高評価【青葉賞の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
オープン勝利馬が一頭もおらず、半分以上が1勝馬という混戦模様です。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アドマイヤスコール
2 リオンリオン ×
2
3 ランフォザローゼス
4 セントウル ×
3
5 ピースワンパラディ
6 ウーリリ
4
7 トーセンカンビーナ
8 ピンシェル
5
9 タイセイモナーク × ×
10 ディバインフォース ×
6
11 カウディーリョ ×
12 アルママ ×
7
13 マコトジュズマル ×
14 バラックパリンカ
8
15 キタサンバルカン
16 サトノラディウス ×

【軸推奨馬】
◎ 1番アドマイヤスコール
○ 3番ランフォザローゼス
▲15番キタサンバルカン
△ 5番ピースワンパラディ
× 7番トーセンカンビーナ

◎アドマイヤスコールは、前走の水仙賞(中山芝2200m)が前半1000m59.5秒のハイペースで、ラスト1Fで13.0秒も要した消耗戦だった。しかも、レースタイム差-3.0の超高速決着。昨秋の東スポ杯(東京芝1800m)では8着に完敗だったが、成長した今なら重賞でも通用する。

○ランフォザローゼスは、レースタイム差-3.5だった前々走の葉牡丹賞(中山芝2000m)で2着好走。時計勝負になりやすい東京芝2400mは絶好の舞台。問題は金曜日の雨の影響がどこまで残るかということだが、開幕2周目なら、そこまで時計がかかることはないだろう。

▲キタサンバルカンは、前走のゆりかもめ賞(東京芝2400m)が、レースタイム差-1.9の高速決着で2着。サトノジェネシスには3馬身つけられる完敗だったが、同馬も上がり次点の33.7秒で上がっており、力は見せた。同舞台のここなら、重賞でもチャンスはある。

△ピースワンパラディは、なるべく時計がかかってほしい。×トーセンカンビーナは、有利枠を利した展開待ち。

新潟メインの駿風Sの予想はこちら→(◎4番レッドラウダ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA