レインボーライン 時計がかかれば突き抜ける力はある【有馬記念の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
キタサンブラックは、タフな天皇賞(秋)を制した後、相性が良いとは言えないジャパンCで3着に好走しており、果たしてお釣りが残っているか心配です。
中山芝2500mは東京芝2400mとの相性が悪いので、ダービーやオークス、JCの好走馬は他項目にプラスがないと厳しいです。

 
中山芝2500mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ヤマカツエース × ×
2 キタサンブラック
2
3 クイーンズリング ×
4 ブレスジャーニー ×
3
5 トーセンビクトリー ×
6 サトノクロニクル
4
7 シャケトラ ×
8 レインボーライン
5
9 サクラアンプルール ×
10 シュヴァルグラン
6
11 ルージュバック × ×
12 サトノクラウン
7
13 ミッキークイーン
14 スワーヴリチャード
8
15 カレンミロティック × ×
16 サウンズオブアース

【軸推奨馬】
◎ 8番レインボーライン
○14番スワーヴリチャード
▲ 6番サトノクロニクル
△16番サウンズオブアース
× 2番キタサンブラック

◎レインボーラインは、極悪馬場となった天皇賞・秋(東京芝2000m)で3着に好走しているように、時計がかかった方が良いタイプで、最終週(ホープフルは残ってるけど)の中山芝2500mは絶好の舞台となる。首尾よく有利枠を引き、鞍上はコース得意の岩田騎手なら、大逆転があっても驚けない。

○スワーヴリチャードは、前走のアルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)を叩いてのローテーションは目論見通りで、天皇賞・秋や菊花賞、ジャパンCを使ってきた組より消耗度は少ない。コース得意のM・デムーロ騎手が連続騎乗なら、この相手でも上位争いできる。

▲サトノクロニクルは、相性の良いコースのトータル成績が【1 2 1 1】で、掲示板を外したのは前々走の菊花賞(京都芝3000m)10着だけ。その菊花賞はレースタイム差+7.2という極悪馬場だったので度外視していい。ただ、スローの瞬発力勝負で真価を発揮するタイプなので、キタサンブラックのペースになると厳しくなる。

△サウンズオブアースは、なるべく時計が速くなってほしい。×キタサンブラックは、力は一枚上だがお釣りが残っているか心配。

 
阪神メインのギャラクシーSの予想はこちら→(◎7番ブラゾンドゥリス)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA