【予想】サクラアンプルール 大外は厳しいがコース相性抜群【有馬記念の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
究極の消耗戦となったジャパンC組は疲れが心配です。注目のオジュウチョウサンは、さすがにこのメンバーに入ると苦戦は必至でしょう。

 
中山芝2500mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 オジュウチョウサン ×
2 クリンチャー ×
2
3 モズカッチャン
4 マカヒキ ×
3
5 パフォーマプロミス
6 サトノダイヤモンド
4
7 サウンズオブアース
8 ブラストワンピース ×
5
9 リッジマン × ×
10 ミッキースワロー ×
6
11 ミッキーロケット ×
12 レイデオロ
7
13 スマートレイアー ×
14 キセキ ×
8
15 シュヴァルグラン ×
16 サクラアンプルール

【軸推奨馬】
◎16番サクラアンプルール
○ 6番サトノダイヤモンド
▲ 5番パフォーマプロミス
△ 7番サウンズオブアース
× 8番ブラストワンピース

◎サクラアンプルールは、相性の良いコースで【3 1 2 5】の安定感で、戦績面ではこのメンバーに入っても遜色ない。スピードランク6位と、時計勝負になると厳しいが、今開催の中山芝は日曜になると時計がかかっているので、ちょうど良いタイムになりそう。大外を引いてしまったが、鞍上がコース得意の田辺騎手ならなんとかなっても。

○サトノダイヤモンドは、相性の良いコースのトータル成績が【5 0 1 1】で、掲示板を外したのは今年の大阪杯(阪神芝2000m)7着の一度だけ。その中身も、菊花賞、有馬記念を勝っており、今年も京都大賞典(京都芝2400m)勝ちを上積みし、中山芝2500mはピッタリ。時計がかかるタフな競馬は願ったりで、キセキの存在はありがたい。

▲パフォーマプロミスは、相性の良いコースのトータル成績が【2 0 1 1】で、掲示板を外したのは半年の休み明けだった去年の1000万下戦(京都芝2200m)6着だけで、酌量の余地はある。時計勝負になるとまだまだスピード不足は否めないが、時計がかかりそうな最終週の日曜日はアドバンテージ。あとは、キセキが作りだすペースについていければ。

△サウンズオブアースは、とにかく時計がかかってほしい。×ブラストワンピースは、逆に時計が速くなってほしい。

 
阪神最終のギャラクシーSの予想はこちら→(◎12番アイライン)


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA