【予想】ヴェロックス 時計のかかる消耗戦なら出番あり【有馬記念の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
今の中山は、日曜になると時計がかかってくるケースが多いので、有馬記念も高速決着になるとは思えません。
逃げるのはキセキでしょうが、クロコスミア、アエロリットあたりも行きたいクチなので、ペースはある程度速くなるのではないでしょうか。

中山芝2500mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 スカーレットカラー
2 スワーヴリチャード
2
3 エタリオウ ×
4 スティッフェリオ × ×
3
5 フィエールマン
6 リスグラシュー
4
7 ワールドプレミア
8 レイデオロ × ×
5
9 アーモンドアイ ×
10 サートゥルナーリア ×
6
11 キセキ ×
12 クロコスミア ×
7
13 アルアイン
14 ヴェロックス
8
15 アエロリット
16 シュヴァルグラン ×

【軸推奨馬】
◎14番ヴェロックス
○ 6番リスグラシュー
▲ 5番フィエールマン
△ 2番スワーヴリチャード
×13番アルアイン

◎ヴェロックスは、レースタイム差-3.4の高速決着となった皐月賞で2着に好走しているが、今回のメンバーに入るとスピードランク8位と、時計がかかりそうな馬場は合う。戦績項目に加点はないが、相性の良いコースでは【1 1 1 0】と悪くない。今回は有利枠を引き、ハイペースの消耗戦になればなるほどチャンスは広がる。

○リスグラシューは、相性の良いコースで【2 1 1 0】の安定感で、相性の良い今年の宝塚記念を勝っているのも強調材料。スピードランク11位と、時計勝負になると厳しいが、時計がかかるコンディションなら逆転も十分。スローの上り勝負に強い印象はあるが、宝塚記念を勝っている馬は、得てして消耗戦に強いので、ハイペースになっても問題ない。

▲フィエールマンは、相性の良いコースのトータル成績が【2 1 1 0】の安定感で、菊花賞、天皇賞(春)勝ちと実績も十分。惨敗に終わった凱旋門賞帰りというのも不安だが、スピードランク3位と、時計がかかったときの方が不安点は多い。

△スワーヴリチャードは、苦手の右回りを克服できれば。×アルアインは、なるべく時計がかかってほしい。

阪神最終のギャラクシーSの予想はこちら→(◎5番スマートアヴァロン)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA