【予想】トリコロールブルー 流れるペースで突き抜ける【チャレンジCの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
レイエンダの前走セントライト記念(中山芝2200m)は、セントライト記念(中山芝2200m)の回顧で書いたとおりレースレベルが低く、レイエンダは人気で買いたい馬ではありません。

 
阪神芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 マルターズアポジー ×
2
2 マウントゴールド ×
3
3 ダンビュライト
4
4 マイネルフロスト ×
5
5 ダッシングブレイズ × ×
6 ケントオー × × ×
6
7 ロードヴァンドール
8 レイエンダ ×
7
9 エアウィンザー
10 ステイフーリッシュ
8
11 トリコロールブルー
12 サイモンラムセス × ×

【軸推奨馬】
◎11番トリコロールブルー
○ 9番エアウィンザー
▲10番ステイフーリッシュ
△ 8番レイエンダ
× 1番マルターズアポジー

◎トリコロールブルーは、相性の良いコースで【1 1 1 0】の安定感。今春の大坂城S(阪神芝1800m)ではレースタイム差-1.1で勝っているように、開幕週の時計勝負にも対応できるスピードはある。また、ハイペースだった鳴尾記念(阪神芝2000m)で3着に来ており、マルターズアポジーが引っ張るペースもアドバンテージなりそう。

○エアウィンザーは、相性の良いコースのトータル成績が【5 4 0 1】で、掲示板を外したのは3歳時の共同通信杯(東京芝1800m)6着の一度だけという安定感。集中力が続かないタイプだったのが、今夏のむらさき賞(東京芝1800m)を勝った頃から真面目に走れるようになっており、重賞初制覇のチャンス十分。

▲ステイフーリッシュは、相性の良いコースで【2 0 0 1】の成績で、京都新聞杯(京都芝2200m)勝ちもあって実績は引けを取らない。その京都新聞杯は1000m通過58.5秒のハイペースを、2番手追走から押し切っており、ペースが流れそうな今回は展開も向きそう。

△レイエンダは、とにかく時計が速くなってほしい。×マルターズアポジーは、コース得意の福永騎手の手腕に期待。

 
中山メインのステイヤーズSの予想はこちら→(◎2番ヴォージュ)
中京メインの浜松Sの予想はこちら→(◎3番オーヴィレール)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA