【予想】ヒラボクラターシュ 初の強豪相手も魅力十分【チャンピオンズCの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
ゴールドドリームが回避したのは残念ですが、それでもG1馬が6頭も出走し、他にも重賞6勝のインカンテーションなど、ダート界の強豪が揃いました。
でも、本命は重賞未勝利の3歳馬ヒラボクラターシュになりました。

 
中京ダ1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アンジュデジール
2
2 ルヴァンスレーヴ ×
3 パヴェル ×
3
4 アポロケンタッキー
5 ノンコノユメ ×
4
6 アスカノロマン
7 サンライズノヴァ
5
8 ケイティブレイブ × ×
9 サンライズソア
6
10 センチュリオン ×
11 オメガパヒューム ×
7
12 ウェスタールンド
13 ミツバ × ×
8
14 ヒラボクラターシュ
15 インカンテーション ×

【軸推奨馬】
◎14番ヒラボクラターシュ
○ 4番アポロケンタッキー
▲ 7番サンライズノヴァ
△ 2番ルヴァンスレーヴ
× 1番アンジュデジール

◎ヒラボクラターシュは、3走前のラジオ日本賞(中山ダ1800m)、前走の福島民友C(福島ダ1700m)で平均~ハイペースを経験して力をつけてきた。今回は高速決着に強いスピードタイプが揃ったため、タイム項目に加算はないものの、通用するスピードはある。相性の良いコースでは【3 1 0 1】と、馬券圏外は濃尾特別(中京ダ1800m)4着だけ。これまでとは相手が違うが、それでも狙ってみたくなる魅力がある。

○アポロケンタッキーは、一昨年の東京大賞典(大井ダ2000m)を、1000m通過64.8秒のスローペースで抜け出したように、どちらかというと瞬発力勝負に強い。サンライズソアが逃げるペースなら、それほどペースは上がらないだろう。時計勝負にも対応できるスピードもあり、久しぶりの美酒の可能性十分。

▲サンライズノヴァは、エンジンがかかるのが遅いが、いったんギアが入れば一気にスピードに乗るので、直線が長い中京ダ1800mは合っている。ただ、スタートがいまいち安定しないので、差し馬に不利な当コースでは一枚割り引いた。

△ルヴァンスレーヴは、とにかく時計が速くなってほしい。×アンジュデジールは、有利枠を利した展開待ち。

 
中山メインのラピスラズリSの予想はこちら→(◎9番タマモブリリアン)
阪神メインの逆瀬川Sの予想はこちら→(◎4番クリノヤマトオー)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA