【予想】ヴェロックス 皐月賞馬は強いが逆転の余地十分【ダービーの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
今年は前に行く馬が多く、皐月賞上位のサートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリーも前がかりでしょう。ハイペースの消耗戦をしのぎ切った皐月賞組ですから、他の先行馬たちはレースの組み立てが難しくなりそうです。
いずれにしても、なかなか見応えのあるレースが期待できそうです。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ロジャーバローズ ×
2 ヴィント ×
2
3 エメラルファイト
4 サトノルークス ×
3
5 マイネルサーパス × ×
6 サートゥルナーリア
4
7 ダノンキングリー
8 メイショウテンゲン
5
9 ニシノデイジー × ×
10 クラージュゲリエ × ×
6
11 レッドジェニアル
12 アドマイヤジャスタ
7
13 ヴェロックス
14 ランフォザローゼス
15 リオンリオン ×
8
16 タガノディアマンテ ×
17 ナイママ ×  
18 シュヴァルツリーゼ ×

【軸推奨馬】
◎13番ヴェロックス
○ 7番ダノンキングリー
▲14番ランフォザローゼス
△12番アドマイヤジャスタ
× 1番ロジャーバローズ

◎ヴェロックスは、ハイペースの消耗戦となった皐月賞で、5-5-4-4の位置取りからアタマ差の2着と高評価。勝ったサートゥルナーリアはたしかに強いが、各馬が万全の状態で、全身全霊を傾けて臨むダービーでのテン乗りは、やはり弱材料であり、ヴェロックスにも逆転のチャンスはある。

○ダノンキングリーは、3連勝後の皐月賞で3着に敗れたが、あの消耗戦で3着に踏みとどまり、4着以下に2馬身差だから、力は上位2頭に見劣らない。ただ、その皐月賞で3着に負けてしまったため、ここでのスピードランクは10位止まり。できれば時計がかかってほしい。

▲ランフォザローゼスは、このメンバーに入ってもスピードランク1位と、皐月賞組にもスピード負けはしない。前走の青葉賞も、前半1000m59.9秒のハイペースで2着確保と力は見せた。ただ、サトノルークスと同様にテン乗りは割り引き材料。

△アドマイヤジャスタは、なるべく時計がかかってほしい。×ロジャーバローズは、逆に時計が速くなって連対圏。

東京最終の目黒記念の予想はこちら→(◎10番ルックトゥワイス)
京都準メインの安土城Sの予想はこちら→(◎7番ダイアトニック)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA