【予想】ゲキリン クラス2戦目のハンデ戦なら好勝負できる【越後Sの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
新潟ダ1200mは時計が速いコースです。先週の新潟ダートはかなり時計が速かったので、越後Sも時計勝負になりそうです。
本命をゲキリンとリモンディで悩んだのですが、ゲキリンにしました。

新潟ダ1200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ゲキリン  
2
2 ノーフィアー ×
3 セバヌイール
3
4 ハニージェイド
5 ライジングリーズン ×  
4
6 アーバンイェーガー ×
7 アスターウィング
5
8 スティンライクビー × ×
9 オーヴァーライト × ×
6
10 マイネルラック ×  
11 リモンディ
7
12 ヴォーガ ×
13 ワンダーアマービレ ×
8
14 ストロベリームーン
15 オルトグラフ

【軸推奨馬】
◎ 1番ゲキリン
○11番リモンディ
▲ 7番スタースウィング
△ 2番ノーフィアー
×15番オルトグラフ

◎ゲキリンは、相性の良いコースで【1 1 0 0】と、経験は浅いが準パーフェクトの戦績なら問題ない。前走は昇級初戦で前に行けず10着敗退となったが、前半600m34.4秒のハイペースを経験したことで、クラス2戦目ならもう一列前での競馬が期待できる。鞍上の川又騎手はランク外だが、ここは騎手の優先順位が低いので、有利コースを引けたのであれば好勝負可能。

○リモンディは、相性の良いコースのトータル成績が【4 0 0 2】の好成績で、掲示板を外したのは跛行除外で7カ月ぶりだった前々走の岩室温泉特別(新潟ダ1200m)10着と、距離が長かった未勝利(東京ダ1600m)6着の2回。また、このメンバーに入ってもスピードランク1位で、時計勝負になりそうなここは、再昇級で改めて見直したい。

▲アスタースウィングは、前走のやまびこS(福島ダ1150m)2着がレースタイム差+0.3と、それほど速くはなかったが、昨夏の苗場特別(新潟ダ1200m)ではレースタイム差-0.6の高速決着を制しており、時計勝負になれば絶好の舞台となる。コース得意の三浦騎手が連続騎乗するのもアドバンテージ。

△ノーフィアーは、なるべく時計がかかってほしい。×オルトグラフは、逆に時計が速くなって連対圏。

小倉メインの九州スポーツ杯の予想はこちら→(◎15番ダノンプレシャス)
札幌メインの札幌日経OPの予想はこちら→(◎7番カフジプリンス)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA