【予想】サーブルオール 相手揃うが2連勝の勢いで重賞制覇【エプソムCの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
エプソムCといえば、ダイナフェアリー、プレクラスニー、ワコーチカコらをはじめ、近年ではディサイファ、エイシンヒカリらが勝っている出世レースです。
今年は、3歳のニュージーランドT以来の重賞挑戦となるサーブルオールに期待です。

 
東京芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ブラックスピネル ×
2 ベルキャニオン ×
2
3 エアアンセム ×
4 トーセンマタコイヤ
3
5 グリュイエール
6 ハクサンルドルフ ×
4
7 マイネルフロスト ×
8 サーブルオール
5
9 スマートオーディン
10 ダイワキャグニー
6
11 シャイニープリンス
12 マイネルミラノ × ×
7
13 アデイインザライフ
14 バーディーイーグル × ×
8
15 ゴールドサーベラス ×
16 サトノアーサー

【軸推奨馬】
◎ 8番サーブルオール
○16番サトノアーサー
▲10番ダイワキャグニー
△ 4番トーセンマタコイヤ
× 9番スマートオーディン

◎サーブルオールは、前走の美浦S(中山芝2000m)がレースタイム差-0.8の高速決着を制しており、このメンバーに入ってもスピードランクは堂々の2位。戦績項目に加点はないが、相性の良いコースでは【1 0 1 0】と悪くはない。昇級戦で相手は揃ったが、コース連対率4割超えのルメール騎手が鞍上なら、勢いで3連勝もある。

○サトノアーサーは、相性の良いコースで【2 1 1 0】と馬券圏外になったことがない安定感。その内訳も、毎日杯(阪神芝1800m)2着に、洛陽S(京都芝1600m)勝ちなら、ここでも見劣らない。前々走の洛陽Sはレースタイム差+2.7と時計がかかっていたが、スピードランク5位が示すように、本質的には時計が速くなった方が良いタイプ。コース得意の戸崎騎手を鞍上に配して必勝態勢。

▲ダイワキャグニーは、レースタイム差-2.5のプリンシパルS(東京芝2000m)を勝っているように、時計が速くなればなるほどアドバンテージになる。そのプリンシパルSは1000m通過59.0秒のハイペースで勝っているように、タフなレースになっても問題ない。オープン特別大将はここで返上する。

△トーセンマタコイヤは、なるべく時計がかかってほしい。×スマートオーディンは、2年ぶりの実戦はやはり大幅な割引。

 
阪神メインのマーメイドSの予想はこちら→(◎13番エマノン)


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA