コーディエライト 不得手な右回りだが勝っておきたいレース【ファンタジーSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
京都芝1400mは、芝が軽い京都コースの中で時計がかかるコースです。
ただ、この時期の2歳馬の短距離戦ではスピード重視の予想でいいと思います。

 
京都芝1400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ペイシャルアス ×
2
2 レグルドール ×
3
3 モズスーパーフレア
4
4 スノーガーデン
5 アルモニカ
5
6 スズカフェラリー ×
7 トンボイ × ×
6
8 コーディエライト
9 ベルーガ
7
10 アマルフィコースト
11 アーデルワイゼ ×
8
12 ダイシンステルラ × ×
13 ボウルズ ×

【軸推奨馬】
◎ 8番コーディエライト
○10番アマルフィコースト
▲ 3番モズスーパーフレア
△ 5番アルモニカ
× 1番ペイシャルアス

◎コーディエライトの前走・新潟2歳S(新潟芝1600m)は、スローの瞬発力勝負でレースレベルは高くなかったが、あのスローペースで4着以下が4馬身離されており、完成度という点で現状では抜けている。ただ、前々走の未勝利戦(中京芝1400m)もスローのヨーイドンだったし、右回りになると外に張り出す癖もあるので、ここは試金石になるが、若干時計がかかる今の馬場なら好走も可。

○アマルフィコーストは、前々走のデビュー戦(阪神芝1400m)がレースタイム差-1.8の圧巻勝利。その速さと強さは、前走の中京2歳S(中京芝1600m)勝ちで証明された。さらに、デビュー戦が逃げ切りで、中京2歳Sが差し切り勝ちと、その操縦性の高さも特筆もの。連続騎乗の鞍上が、コース得意の浜中騎手なのも心強い。

▲モズスーパーフレアは、前走の小倉2歳S(小倉芝1200m)で7着に負けているが、前々走のデビュー戦(小倉芝1200m)が前半600m34.0秒-後半600m34.5秒の平均やや速めのペースを逃げ切りで、3着以下に7馬身差をつけている。小倉2歳Sがレースタイム差+0.1だったので、なるべく時計は速くなってほしい。

△アルモニカは、とにかく時計が速くなってほしい。×ペイシャルアスは、タイトな臨戦過程が課題になる。

 
福島メインの河北新報杯の予想はこちら→(◎4番ファド)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA