【フラワーC】ショウナンハレルヤ 前走セントポーリア賞の勝利はフロックじゃない

 

こんばんわ、ウキョーです。
タイトルホルダーもおらず、2勝馬も3頭しかいないという低調メンバーになりました。桜花賞まで中2週なので、桜花賞を狙う馬たちは出走してきません。この時点でオークス一本に絞る陣営も少なく、例年メンバーが集まりません。
それでも、アルビアーノ、ブラックエンブレム、キストゥヘヴン、シーザリオ、ダンスインザムードなどの活躍馬を出していますから、注目のレースであることに違いはありません。

中山芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 エンジョイ × ×
2
2 トリンカデイラ ×
3
3 チェスナットドレス
4 アミークス
4
5 ナリノクリスティー
6 キングスタイル × ×
5
7 ショウナンハレルヤ
8 フラワリングナイト
6
9 ミアマンテ
10 ポレンティア
7
11 クリスティ ×
12 シーズンズギフト
8
13 アブレイズ × ×
14 レッドルレーヴ ×

【軸推奨馬】
◎ 7番ショウナンハレルヤ
○ 9番ミアマンテ
▲ 4番アミークス
△ 8番フラワリングナイト
×12番シーズンズギフト

◎ショウナンハレルヤは、前走のセントポーリア賞を10番人気で勝ち上がったが、そもそも初勝利の新馬戦(中山芝1600m)の評価が高い。レースタイム差+1.5と時計は遅かったが、ラスト3Fは11.8秒-11.2秒-11.2秒の速さ。これを2番手から上り次点で1馬身半差。時計が遅かったのは、メンバーレベルが低かったからで、ハレルヤの力は抜けていた。重賞でも牝馬限定戦なら好勝負可。

○ミアマンテは、デビュー戦(中山芝1600m)が前半800m47.7秒-後半800m49.2秒のハイペースを、上がり最速で3馬身半差の圧勝。続くベゴニア賞は、重馬場でレースタイム差+0.6と遅かったが、その後2勝目をあげる2頭に、アオイクレアトールらに先着する勝利。時計勝負になると未知数だが、時計がかかる中山芝1800mなら上位争い必至。

▲アミークスは、前走のクイーンCで11着に敗れたが、前半800m45.7秒-後半800m48.3秒のハイペースを4番手追走で経験できたのは、今回にも活かされるはずだ。コース得意の岩田康騎手が鞍上なら、このメンバー相手でも連対圏なら十分ある。

△フラワリングナイトは、とにかく時計が速くなってほしい。×シーズンズギフトは、時計がかかって連対圏。

阪神メインの尼崎Sの予想はこちら→(◎2番バラックパリンカ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA