【展望】ファインニードルに死角はあるか!?【セントウルSの展望】

 

こんばんわ、ウキョーです。
阪神は、今週雨続きの予報で、開幕週の馬場がどこまで悪化するかわかりませんが、馬場状態の如何によっては荒れる可能性もあります。

阪神芝1200mの傾向

有利枠 3枠・4枠・6枠・8枠
不利枠 2枠・5枠・7枠
脚質 逃げ・先行
騎手 3割超え Mデムーロ騎手・川田騎手
人気 川田騎手
人気薄 武豊騎手・幸騎手

 

 予想優先順位
1位
騎手
2位
タイム
3位
戦績
4位
コース
5位
展開

阪神芝1200mは、時計はほぼ基準通りのコースだが、開幕週だけに時計は速くなる。ただ、週中の雨の影響がどこまで残るか、当日の時計には注意したい。

逃げ・先行に有利なコースだが、短距離戦にしては差しも決まりやすい。ただ、やはり開幕週は前が有利。

有利枠は3枠、4枠、6枠、8枠で、不利枠は2枠、5枠、7枠

連対率3割を超える騎手はMデムーロ騎手(ラブカンプー騎乗予定)と、川田騎手(ファインニードル騎乗予定)。
人気で安定しているのは川田騎手(ラブカンプー騎乗予定)。
人気薄なら武豊騎手(ダイアナヘイロー騎乗予定)か、幸騎手(グレイトチャーター騎乗予定)。

セントウルSで人気、話題になりそうな馬

アサクサゲンキ  評価:B
戦績ランク10位 スピードランク4位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中10位とイマイチ。
3歳馬ではあるが、このメンバーに入ってもスピードランク4位と速力上位。前走の北九州記念(小倉芝1200m)は、外枠発走にも関わらず直線で内で包まれてしまう松若騎手のボーンヘッドで、人気を裏切る6着敗退。したがって、ここも外の有利枠を引かないと苦戦する可能性はある。松山騎手のテン乗りになるのは不安材料だが、松山騎手はコースランク13位と得意にしている。不利を承知で外を回す競馬もできるはず。

アドマイヤゴッド  評価:C
戦績ランク10位 スピードランク11位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中10位とイマイチ
スピードランク11位で、時計勝負になると苦戦は必至。そのため、開幕週のここは本来なら苦手な条件になるが、雨の影響で時計がかかってくれれば時計は足りる。ただ、相性の良いコースで【0 0 0 7】とまったく走れておらず、騎乗予定の北村友騎手もランク外。好勝負するためには、是が非でも有利枠が欲しい。

ダイアナヘイロー  評価:A
戦績ランク3位 スピードランク8位
戦績のトータルは「+6」で、出走登録馬中3位とかなりの安定感。
相性の良いコースのトータル成績は【4 2 1 2】で、掲示板を外したのは今年のシルクロードS(京都芝1200m)16着の一度だけ。休み明けの一戦だったので酌量の余地はあり、何より4勝6連対は今回のメンバーでは最上位。時計勝負に対応できるスピードはあるが、ここではスピードランク8位と若干足りない。それだけに、開幕週の馬場コンディションに不安が残る。雨の影響が残ってくれれば、好走率は高まる。

ネロ  評価:D
戦績ランク14位 スピードランク1位
戦績のトータルは「-4」で、出走登録馬中14位とまったく走れていない。
相性の良いコースで【3 1 0 3】と悪くはないが、相性の悪いコースで【2 3 0 1】と好走歴が多く、行って来いで戦績面はかなりのディスアドバンテージ。近3走はダート重賞で好走しているが、スピードランク3位が示すように、このメンバーに入っても時計上位。スプリント戦なら芝、ダートも問わない万能タイプで、56キロなら上位争いも可能。

ファインニードル  評価:B
戦績ランク4位 スピードランク2位
戦績のトータルは「+5」で、出走登録馬中4位と安定している。
相性の良いコースのトータル成績は【6 2 2 6】で、掲示板を外したのは去年の安土城S(京都芝1400m)7着の一度だけの安定感。4着が5度あるために戦績ランクは4位に甘んじたが、16戦のキャリアでこの好成績は頭ひとつ抜けている。阪神芝1200mはそれほど時計が速くならないため、スピードランク2位の同馬はタイム項目に加点はないが、開幕週で時計が速くなるなら上位を狙える。使い詰めるよりフレッシュな方が走るタイプなので、本番への叩き台だろうが、力は出せるだろう。

ラインスピリット  評価:A
戦績ランク1位 スピードランク6位
戦績のトータルは「+7」で、出走登録馬中1位とかなりの好成績。
相性の良いコースで【2 2 1 5】と着外も多く、ファインニードルらに比べて見劣ってしまうが、相性の悪いコースで【1 0 0 8】と、とにかく走れておらず、阪神芝1200mは格好の舞台となるはず。G1の高松宮記念(中京芝1200m)では15着と歯が立たなかったが、前走のアイビスSD(新潟芝1000m)では5着、3走前の京王杯SC(東京芝1400m)でも5着に好走しており、G2レベルなら上位争いも可能。

ラブカンプー  評価:A
戦績ランク5位 スピードランク7位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中5位とかなりの安定感。
まだまだキャリアは浅いが、相性の良いコースのトータル成績は【1 3 0 1】で、掲示板を外したのはフィリーズレビュー(阪神芝1400m)11着の一度だけ。そのフィリーズレビューはレースタイム差+0.2と時計がかかったものだった。どちらかというと時計勝負に強いタイプだが、今回のメンバーに入るとスピードランクは7位止まりとなり、若干足りない。ただ、阪神芝1200mはそれほど時計が速くならないので、雨の影響も考えればドンピシャの時計になる可能性もある。勝てばサマーチャンピオン獲得となれば、仕上げに抜かりはないだろう。

レジーナフォルテ  評価:C
戦績ランク13位 スピードランク2位
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中13位とまったく走れていない。
前走のアイビスSD(新潟芝1000m)では不利枠を引きながら4着好走と、重賞でも差のない競馬ができることを証明した。ただ、相性の良いコースでは【0 0 0 4】と、勝ち星どころか掲示板を確保したことすらなく、明らかに阪神芝1200mには向いていない。好走の余地があるとすれば、開幕週で時計が速くなったときだが、今週の雨の影響が残るようだと苦戦は必至。騎乗予定の杉原騎手もランク外で、有利枠が是非とも欲しい。

 

セントウルSの注目馬はグレイトチャーター

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、グレイトチャーターダイアナヘイローラインスピリットラブカンプーの4頭。
この中で、騎乗予定の騎手ランク上位のグレイトチャーターを取り上げる。

オープン昇級後は結果が出ていないが、相性の良いコースでは【2 2 0 6】、相性の悪いコースでは【0 0 0 4】となっており、阪神芝1200mへの適性は十分ある。

レースタイム差-1.8だったCBC賞(中京芝1200m)で18着に惨敗しているように、オープンの時計勝負になると時計が足りないのだが、それほど速くならない阪神芝1200mなら十分に対応できるはずで、雨の影響が残るようであれば、さらにアドバンテージになる。
 


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA