【展望】世代重賞一番乗りは誰だ!?【函館2歳Sの分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
キャリアの浅い2歳戦は予想が難しいので、普段は力を入れていません。
でも、今年は夏競馬がちっとも当たらないので、2歳重賞を事前に分析することにしました。

函館芝1200mの傾向

有利枠 1枠・2枠・7枠・8枠
不利枠 3枠・4枠・6枠
脚質 逃げ・先行
騎手 3割超え 岩田騎手
人気 三浦騎手
人気薄 藤岡康騎手

 

 予想優先順位
1位
戦績
2位
タイム
3位
騎手
4位
展開
5位
コース

函館芝1200mは、通常であれば、かなり時計がかかるコースだが、先週までの函館芝はいまだに高速馬場となっており、今週もある程度の時計は出ると思われる。

逃げ・先行馬に有利なコースで、後方からではほぼ届かない。

有利枠は1枠、2枠、7枠、8枠で、不利枠は3枠、4枠、6枠

連対率3割を超える騎手は岩田騎手(ナンヨーイザヨイ騎乗予定)。
人気で安定しているのは三浦騎手(エムティアン騎乗予定)。
人気薄なら藤岡康騎手(ガイセン騎乗予定)。

函館2歳Sで人気、話題になりそうな馬

アスターペガサス  評価:B
戦績ランク2位 スピードランク8位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中2位と安定している。
前走の新馬戦(函館芝1200m)は、レースタイム差-2.7の高速決着だったが、その週の函館芝はかなり時計が速かったので、勝てばこれくらいの時計は出ていた。とはいえ、2着以下に2馬身半差だから、メンバーの中では抜けていた。レースは、ラスト3Fが11.8秒-11.7秒-11.5秒の加速ラップを、2番手から押し切っており、人気以上のレース内容は残せていた。

イチゴミルフィーユ  評価:D
戦績ランク7位 スピードランク11位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と強調できない。
前走の新馬戦(福島芝1200m)はレースタイム差-0.7だったが、福島芝1200mはそもそも時計がかかるコースなので、重賞に入ると時計面で物足りない。それでもスピードランク7位なので、本番で少しでも時計がかかってくれれば圏内。その新馬戦は、序盤から押してポジションを取りに行っており、テンの遅さがネックになりそう。

カルリーノ  評価:B
戦績ランク7位 スピードランク2位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
前走の未勝利戦(函館芝1200m)はレースタイム差-3.0の高速決着を制している。時計が速かった週ではあるが、2歳戦でレースタイム差―3.0は及第点以上と言える。レースも600m通過34.1秒で、レース上がり35.6秒のハイペースを、4角3番手から抜け出す完勝劇。ただ、1200mでこのペースにも関わらず、序盤に若干かかり気味だったのが気がかり。

ジゴロ  評価:B
戦績ランク2位 スピードランク6位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中2位と安定している。
前走の新馬戦(函館芝1200m)は、レースタイム差-2.1と時計は速かったが、これも時計が出る馬場だったため。それでも、2着以下に5馬身差の圧勝だから、スピードが違った。とはいえ、今回のメンバーに入るとスピードランク6位なので、できるだけ時計はかかってほしい。だが、その新馬戦はゴール前は流していたもので、時計はもっと詰められる可能性はある。ただ、連闘になるので、当日の気配には注意したい。

スズカカナロア  評価:C
戦績ランク2位 スピードランク9位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中2位と安定している。
前走の新馬戦(函館芝1200m)は、稍重馬場でレースタイム差-1.6と及第点。レースは、最後2着メジャーハリケーンに詰め寄られたが、3/4馬身しのぎ切った。良馬場の方が良さそうな感じで、ここも馬場が良化してくれれば圏内も十分。池添騎手に乗り替わりとなりそうだが、池添騎手もコースランク6位だから、問題ないだろう。

ナンヨーイザヨイ  評価:A
戦績ランク2位 スピードランク1位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中2位と安定している。
前走の新馬戦(函館芝1200m)は、レースタイム差-3.3の超高速決着を制しており、ここでもスピードランクは堂々の1位。レースは600m通過34.4秒で、上がり3Fが34.0秒の平均ペースで、ナンヨーイザヨイは2番手追走から逃げるマノラムを1馬身半退けた。3着デンバーテソーロ、4着カルリーノが次走で勝ち上がっており、メンバーも軽くはなかった。時計が速くなればなるほどアドバンテージになる。

ホールドユアハンド  評価:B
戦績ランク7位 スピードランク5位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と強調できない。
前走の新馬戦(福島ダ1150m)はレースタイム差-1.3で、当時の馬場差が-0.8なので、芝とダートの違いはあれど及第点の時計と言っていい。鞍上が津村騎手からルメール騎手に手替わりとなるが、ルメール騎手は騎手ランク外なので、鞍上強化とは言えない。また、前走はダートに入ってからのスピードは抜群だったが、芝スタートの部分で手間取っており、芝を克服できるかどうかが課題となりそう。

ラブミーファイン  評価:D
戦績ランク7位 スピードランク17位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と強調できない。
前走の新馬戦(函館芝1800m)は、レースタイム差+0.7と時計面ではまったく評価できず、ここもスピードランク17位となっており、スピード性能がポテンシャルに直結する2歳戦では厳しい。その新馬戦が行われたときの函館芝の馬場差が-0.8なので、とにかく時計がかかってほしい。

 

函館2歳Sの注目馬はトーセンオパール

キャリアの浅い2歳戦で戦績項目はあまり重要ではないが、今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、ナンヨーイザヨイと、トーセンオパールの2頭だけ。
ここでは、人気がない方のトーセンオパールを取り上げる。

前走の新馬戦(函館芝1200m)は、レースタイム差-2.4の高速決着だった。
当時の馬場差が-2.4の高速馬場だったとはいえ、2歳戦でレースタイム差-2.4なら及第点。

レースは、前半600m34.9秒-後半600m35.4秒の平均やや速めのペースで、トーセンオパールは4番手追走から、上がり最速の35.0秒で差し切った。
勝浦騎手の好騎乗が勝因の一つではあったが、反応が速く、抜け出してからもしっかり脚を使っていたのは好印象。
人気が読めないが、人気がなさそうなら狙って面白い。

 


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA