【アイビスSDの展望】人気馬にはスピード不足が多く波乱含み

 

こんばんわ、ウキョーです。
新潟の開幕週となれば、かなりの高速決着が見込めそうです。アイビスSDも、時計勝負に強いスピードタイプを狙うのがセオリーです。

新潟芝1000mの傾向

有利枠 3枠・5枠・7枠・8枠
不利枠 1枠・2枠・6枠
脚質 逃げ
騎手 3割超え
人気 Mデムーロ騎手・杉原騎手
人気薄 戸崎騎手・江田照騎手

 

 予想優先順位
1位
タイム
2位
コース
3位
騎手
4位
展開
5位
戦績

新潟芝1000mは、かなり時計が速くなるコースで、開幕週であることも考えると、かなりの高速決着が予想される。

逃げ馬に有利なコースだが、どの馬が逃げるのかはゲートが開いてみないとわからない。

有利枠は3枠、5枠、7枠、8枠で、不利枠は1枠、2枠、6枠

連対率3割を超える騎手はおらず、人気で安定しているのはMデムーロ騎手(ラブカンプー騎乗予定)と、杉原騎手(レジーナフォルテ騎乗予定)。
人気薄なら戸崎騎手(ナインテイルズ騎乗予定)か、江田照騎手(モルフェオルフェ騎乗予定)。

アイビスSDで人気、話題になりそうな馬

カラクレナイ  評価:C
戦績ランク3位 スピードランク17位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中3位とかなり安定している。
相性の良いコースで走ったのはNHKマイルC(東京芝1600m)だけで、そこでは17着に大敗している。しかし、相性の悪いコースでは【1 0 0 5】と負け続きで、勝ったのも未勝利戦(京都芝1400m)だけだから、戦績面ではアドバンテージ。ただ、スピードランク17位では、開幕週の時計勝負だと苦戦は必至だろう。

ダイメイプリンセス  評価:B
戦績ランク2位 スピードランク13位
戦績のトータルは「+6」で、出走登録馬中2位とかなり安定している。
相性の良いコースのトータル成績は【4 0 0 3】の安定感で、掲示板を外したのは今年の船橋S(中山芝1200m)6着と、未勝利戦(新潟芝1600m)10着の2回。今春に新潟芝1000mで連勝しているが、韋駄天Sがレースタイム差+0.2、駿風Sが同+1.6だから、開幕週の高速決着に対応できるかどうかが鍵になる。

ベストマッチョ  評価:B
戦績ランク9位 スピードランク1位
戦績のトータルは「-0」で、出走登録馬中9位と可もなく不可もなし。
ここまでダート一辺倒だった馬が、新潟千直という特殊なコースで初芝への挑戦を決めた。戦績項目タイム項目もあてにはならないが、新潟芝1000mは、スピードタイプのダート馬なら通用する。ベストマッチョは、ダートのタイム項目では常に上位に来るタイプなので、有利枠を引ければ好走の余地は残されている。

ペイシャフェリシタ  評価:C
戦績ランク7位 スピードランク10位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
相性の良いコースで【2 1 0 2】とまずまずの安定感だが、相性の悪いコースでも【1 2 0 4】と好走しており、戦績項目は行って来いで可もなく不可もなし。レースタイム差-1.8だった前走のCBC賞(中京芝1200m)で15着に大敗しており、時計勝負になりそうな今回も苦戦は免れない。また、得意の左回りでの大敗だけに、体調の方にも疑問符が生じる。

ラインスピリット  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク8位
戦績のトータルは「+7」で、出走登録馬中1位と断トツのトップ成績。
相性の良いコースでは【1 0 1 6】と強調はできないが、相性の悪いコースで【0 1 0 11】とまったく走れておらず、戦績面ではアドバンテージになる。時計勝負に対応できるスピードはあるが、今回のメンバーに入るとスピードランク8位と、若干足りない。騎乗予定の森一騎手もランク外で、有利枠はぜひとも欲しい。

ラブカンプー  評価:B
戦績ランク3位 スピードランク14位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中3位と安定している。
3歳馬でまだキャリアは浅いが、相性の良いコースでは【1 2 0 0】の安定感で、初古馬相手でも新潟芝1000mなら互角に渡り合える。前走の葵S(京都芝1200m)はレースタイム差-0.7で2着と時計勝負に対応できるスピードはあるが、さすがにこのメンバーに入るとスピードランク14位となり、時計が足りない。騎乗予定のM・デムーロ騎手がコースを得意にしているので、有利枠さえ引ければ。

レジーナフォルテ  評価:B
戦績ランク12位 スピードランク4位
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中12位と強調できない。
時計勝負に強いタイプで、開幕週の新潟芝1000mは合っている。相性の良いコースで【2 0 2 6】と悪くはないが、着外が多すぎるし、相性の悪いコースで3勝を上げていることも弱材料。前々走の韋駄天S(新潟芝1000m)では12着に大敗しているが、レースタイム差+0.2と時計がかかったもので、さらに不利枠の2枠を引いてしまったからで、有利枠さえ引ければ好走の可能性はある。

レッドラウダ  評価:A
戦績ランク3位 スピードランク4位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中3位とかなりの安定感。
相性の良いコースのトータル成績は【3 3 3 5】で、掲示板を外したのは昨秋のルミエールAD(新潟芝1000m)10着と、3歳時のラピスラズリS(中山芝1200m)14着の2回だけ。相性の悪いコースでは勝ったことがなく、戦績面ではアドバンテージ。近2走の邁進特別(新潟芝1000m)、韋駄天S(新潟芝1000m)とレースタイム差プラスのレースで2着、3着と好走を続けているが、スピードランク4位と時計勝負に対応できるスピードは十分ある。

 

アイビスSDの注目馬はアペルトゥーラ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、アペルトゥーラと、レッドラウダの2頭だけ。
ここでは、人気がなさそうなアペルトゥーラを取り上げる。

相性の良いコースで【4 0 1 6】と、4勝を上げているのはアペルトゥーラとダイメイプリンセスの2頭だけで、着外は多いが及第点以上。

昨秋のルミエールAD(新潟芝1000m)はレースタイム差+1.1と時計がかかった勝利だったが、今回のメンバーに入るとスピードランク4位になり、開幕週でも通用するスピードはある。

騎乗予定の丸田騎手がランク外なので、できれば有利枠が欲しいところ。
 


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA