【展望】人気馬にも死角あり大混戦【京成杯AHの展望】

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山は週中から天気が回復しますから、開幕週でもありますし、土日ともに良馬場のコンディションで行われると予想します。

中山芝1600mの傾向

有利枠 3枠・5枠・7枠・8枠
不利枠 1枠・2枠・4枠
脚質 差し
騎手 3割超え 戸崎騎手
人気 ルメール騎手
人気薄 柴山騎手

 

 予想優先順位
1位
戦績
2位
タイム
3位
コース
4位
展開
5位
騎手

中山芝1600mは、時計はほぼ基準通りのコースだが、開幕週だけに時計は速くなる。ただ、週中の雨の影響がどこまで残るか、当日の時計には注意したい。

差しに有利なコースで、開幕週でも逃げ切るのは難しい。

有利枠は3枠、5枠、7枠、8枠で、不利枠は1枠、2枠、4枠

連対率3割を超える騎手は戸崎騎手(ワントゥワン騎乗予定)。
人気で安定しているのはルメール騎手(ミッキーグローリー騎乗予定)。
人気薄なら柴山騎手(ゴールドサーベラス騎乗予定)。

京成杯AHで人気、話題になりそうな馬

ウインガニオン  評価:D
戦績ランク7位 スピードランク14位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
ここまでかなりのキャリアを積んでいるが、相性の良いコースで走ったことが一度もない。京成杯AHを勝てるローテーションとは言えない。また、レースタイム差-1.4の高速決着となった関屋記念(新潟芝1600m)で12着に敗退しているように、時計勝負になるとついて行けなくなるので、開幕週の馬場も弱材料。

ショウナンアンセム  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク10位
戦績のトータルは「+8」で、出走登録馬中1位とかなりの好成績。
相性の良いコースのトータル成績は【1 4 3 1】で、掲示板を外したのは3歳時の黄梅賞(中山芝1600m)4着の一度だけ。前走の関屋記念(新潟芝1600m)は、初重賞で緩みないペースと壁に跳ね返された格好で、そのためスピードランク10位と時計は足りない。実際、勝った前々走のパラダイスS(東京芝1400m)がレースタイム差+0.8で、3走前の多摩川S(東京芝1600m)がレースタイム差+3.5だから、やはり時計がかからないと厳しい。

ヒーズインラブ  評価:B
戦績ランク3位 スピードランク6位
戦績のトータルは「+5」で、出走登録馬中3位とかなりの安定感。
相性の良いコースでは【3 1 1 1】の好成績で、掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外は去年の市川S(中山芝1600m)4着。その市川Sが4カ月の休み明けだっただけに、3ヶ月半ぶりの今回も当日の気配には注意したい。レースタイム差-1.3のダービー卿CT(中山芝1600m)を勝っているように、時計勝負になっても対応は可能だが、今回のメンバーに入るとスピードランク6位と若干スピード不足。開幕週の馬場コンディションは弱材料になる。

ミッキーグローリー  評価:B
戦績ランク5位 スピードランク8位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中5位とまずまずの安定感。
長期休養を挟んでいるためキャリアは浅いが、相性の良いコースで【3 1 1 1】の好成績。掲示板を外したのは、1年5ヶ月ぶりだった昨秋の古作特別(中山芝1600m)6着だけ。その古作特別でも、すんなり先行してコンマ4秒差だから、酌量の余地はある。1000万下を一発通過、準オープンも2戦目でクリアした素質馬だが、さすがにこのメンバーに入るとスピードランク8位と時計が足りない。雨の影響が少しでも残ってくれないと、初重賞では厳しい。

ヤングマンパワー  評価:B
戦績ランク7位 スピードランク1位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
一昨年の関屋記念(新潟芝1600m)がレースタイム差-1.5の高速決着で、2年近く勝利から遠ざかっているものの、今回のメンバーではスピードランク1位とまだまだ現役の力はある。相性の良いコースでは【1 0 2 1】と悪くはないが、相性の悪いコースのトータル成績が【1 2 1 3】で、掲示板を外したことがない好成績で、戦績面からは中山マイルに向いていない。また、手応え抜群で直線に入っても、そこから伸びあぐねる曲者タイプなので、勝利経験のない石橋脩騎手は不安材料。

ロードクエスト  評価:B
戦績ランク4位 スピードランク11位
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中4位とかなりの好成績。
相性の良いコースのトータル成績は【1 1 0 1】で、掲示板を外したのは皐月賞(中山芝2000m)8着だけ。その皐月賞はレースタイム差-2.8の高速決着で、なおかつ1000m通過58.4秒のハイペース。経験値の差が出たもので、あれから経験を積んだ今なら、ハイペースにも対応できるだろう。ただ、スピードランク11位なので、かなり時計がかかってくれないと上位進出は難しそう。

ロジクライ  評価:C
戦績ランク7位 スピードランク12位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
前走の中京記念(中京芝1600m)では、前半800m45.3秒-後半800m47.0秒のハイペースを、4番手追走からラスト34.9秒で2着に粘り切るレースで、重賞でもやっていけることを証明してみせた。スローペースの瞬発力勝負になると切れ負けするので、緩みなく引っ張ってくれるウインガニオンの存在はありがたい。スピードランク12位と時計不足が懸念材料になるが、中京記念はレースタイム差-2.0の高速決着だったことから、ここにきて成長しているのは明らか。ハンデ56キロの据え置きなら、ここでも通用する。

ワントゥワン  評価:B
戦績ランク12位 スピードランク3位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中12位とまったく走れていない。
前走の関屋記念(新潟芝1600m)は、前半800m45.7秒-後半800m45.9秒の緩みないペースを、最後方追走から、上がり最速の32.8秒を繰り出して直線一気。勝ったプリモシーンにクビ差まで詰め寄った。サマーシリーズトップのグレーターロンドンが不在のここは、勝利のみがシリーズチャンピオンの条件。ハンデ53キロは、他馬に比べると見込まれた感はあるものの、ここがメイチの勝負となれば好勝負も可能。

 

京成杯AHの注目馬はゴールドサーベラス

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は一頭もいない。
ここでは、予想優先順位の高い戦績項目にプラスがあり、騎乗予定の騎手項目にもプラスのあるゴールドサーベラスを取り上げる。

相性の良いコースのトータル成績は【3 1 1 2】で、掲示板を外したのは今春のダービー卿CT(中山芝1600m)6着と、4歳時の500万下(中山芝1600m)14着の2回だけ。
ダービー卿CTは、初重賞でも上がり次点の34.2秒で、ヒーズインラブからコンマ5秒差なら及第点。

騎乗予定の柴山騎手は、コース連対率15.0%でランク入り。柴山騎手騎乗だと、相性の良いコースでは【2 1 0 1】の好成績となり、人馬の相性も抜群だ。
 


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA