有馬の上位馬が揃って高評価【日経賞の分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
今日は、土曜の中山で行われる日経賞の分析をします。
有馬記念勝ちのゴールドアクター、2着サウンズオブアース、4着マリアライトが揃って復帰戦となりますが、3頭ともに甲乙つけがたい評価となりました。

固く収まりそうな感じですが、穴馬としてはホッコーブレーヴに期待したいところです。

中山芝2500mの傾向

有利枠 1枠・4枠・7枠・8枠
不利枠 2枠・3枠・5枠
脚  質 差し・追い込
騎  手 3割超え 蛯名正騎手
人  気 吉田隼騎手
人気薄 田辺騎手

 

予想優先順位
1位 戦績 2位 タイム 3位 コース特性 4位 展開 5位 騎手

中山芝2500mは、それほど時計は速くならない。
先週の3日開催の中山芝コースは、月曜日になって時計がかかり出しており、今週もそれほど速くなることはないだろう

有利枠は1枠、4枠、7枠、8枠で、不利枠は2枠、3枠、5枠

差し・追込に有利なコースで、とくに逃げ切りは相当に力がないと難しい。

連対率3割を超える騎手は蛯名正騎手(マリアライト騎乗予定)。
人気で安定しているのは吉田隼騎手(ゴールドアクター騎乗予定)。
人気薄なら田辺騎手(ホッコーブレーヴ騎乗予定)。
福永騎手(サウンズオブアース騎乗予定)は、コース連対率5.3%でワースト入り。


日経賞で人気、話題になりそうな馬

アクションスター  評価:D
戦績のトータルは「-5」で、出走登録馬中10位とまったく走れていない。
アクションスターは、相性の良いコースで【0 1 0 7】とまったく走れておらず、戦績項目の優先順位が高い中山芝2500mでは厳しい。さらに、今回のメンバーの中ではもっとも時計勝負に向かないタイプで、いくら時計がかかりやすい中山芝2500mでも、さすがにG2戦では苦戦を強いられそう。前走の大坂城S(阪神芝1800m)では、レースタイム差-1.0の高速決着について行けず9着に敗退しているように、好走するには、とにかく時計がかかってほしい。

アルバート  評価:C
戦績のトータルは「-2」で、出走登録馬中9位とまったく走れていない。
アルバートは、相性の良いコースで【2 0 0 2】で悪くはないが、相性の悪いコースで【2 0 0 0】とパーフェクトな成績がマイナス材料となっている。時計勝負に強いタイプで、それほど時計が遅くならない中山芝2500mの重賞はピッタリのはず。前走の有馬記念(中山芝2500m)はレースタイム差+0.4と時計がかかり、初G1だったこともあって11着敗退。それでもゴールドアクターからコンマ6秒差だから、レース慣れが見込める今回は上積みに期待したい。ただ、騎乗予定のルメール騎手がランク外なので、有利枠は欲しいところ。

ゴールドアクター  評価:B
戦績のトータルは「+6」で、出走登録馬中2位とかなりのアドバンテージ。
ゴールドアクターは、相性の良いコースのトータル成績が【5 1 1 1】で、馬券圏外の一度もデビュー2戦目の未勝利戦(中山芝2000m)4着だけだから、戦績面ではかなりのアドバンテージ。本質的には時計勝負でこそのタイプだが、前走の有馬記念はレースタイム差+0.4で初G1勝利、前々走のアルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)もレースタイム差+0.9で勝っているように、時計が遅くなっても対応できる柔軟性もある。騎乗予定の吉田隼騎手はコースを得意にしているし、人気になるだろうが外せない一頭である。

サウンズオブアース  評価:B
戦績のトータルは「+8」で、出走登録馬中1位と最高のパフォーマンス。
サウンズオブアースは、相性の良いコースで【1 5 1 1】と、勝ち味に遅いものの安定感抜群。また、相性の悪いコースで【1 0 0 3】と凡走しているのも強材料。時計が速くなっても、多少かかっても対応できる万能タイプで、去年の日経賞のような超高速決着にでもならない限りは許容範囲だろう。戦績面でもタイム面でも申し分ないが、問題は、主戦のM・デムーロ騎手がドバイ遠征中で、乗り替わり予定の福永騎手である。コース連対率5.3%と苦手にしているコースで、有利枠はぜひとも欲しい。

ディサイファ  評価:A
戦績のトータルは「+5」で、戦績項目は出走馬中3位とかなりのアドバンテージ。
ディサイファは、相性の良いコースのトータル成績が【3 2 1 3】で、掲示板を外したのは2回だけ。あまり時計が速くなりすぎると甘くなるので、中山芝2500mのタイムくらいでちょうど良い。前走のAJCC(中山芝2200m)は、レースタイム差-0.6で貫録勝ち。前々走の金鯱賞(中京芝2000m)は、レースタイム差-2.3でミトラの2着だったが、中京芝2000mはそもそも時計がかかる馬場なので、そこそこ時計が速くなる分には構わない。当日のタイムに注意。騎乗予定の武幸騎手はランク外なので、有利枠は欲しい。

フラガラッハ  評価:D
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中7位とあまり走れていない。
フラガラッハは、相性の良いコースで【0 0 1 5】とまったく走れておらず、中山芝2500m向きではない。好走条件は時計がかかる良馬場で、タイム面からも強くは推せない。前走のAJCC(中山芝2200m)はレースタイム差-0.6で8着に敗退しており、少しでも時計が速くなってしまうと厳しくなる。去年の日経賞では5着に頑張っており、陣営は距離の不安は口にしないが、個人的には2500mは長いと思う。マイル~2000mくらいで力を発揮するタイプで、ここは静観が妥当。

マリアライト  評価:A
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中5位とまずまずのアドバンテージ。
マリアライトは、相性の良いコースのトータル成績が【3 1 0 2】で、掲示板を外したことは一度もない。馬券圏外を外したのは、前走の有馬記念(中山芝2500m)4着と、3走前のオールカマー(中山芝2200m)4着だけ。時計が速すぎると甘くなるタイプなので、連続開催の中山芝2500mのタイムはピッタリ。初G1勝ちとなったエリザベス女王杯は時計面で評価はできないが、今回も多少時計がかかるようなら出番はある。また、騎乗予定の蛯名正騎手がコース連対率3割を超えているのは心強い。

 

日経賞の注目馬はホッコーブレーヴ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、サウンズオブアース、ディサイファ、マリアライト、ホッコーブレーヴの4頭。
その中で、人気がなさそうなホッコーブレーヴを取り上げる。

ホッコーブレーヴは、時計が速すぎると甘くなるし、かといって時計がかかりすぎると届かない。連続開催となる中山芝2500mの時計はちょうど良い。

騎乗予定の田辺騎手がコースを得意にしており、有利枠を引ければさらに良い。

使いこむとダメなので、休み明け2戦目の今回は狙いどころ。
豪州遠征の反動がなければ、このメンバーに入っても連対圏なら十分に狙える。
 
 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA