【展望】タイムではアーモンド、戦績ではライラック【オークスの分析】

   2018/05/17

こんばんわ、ウキョーです。
先週の雨でも高速馬場を保ったままの東京芝コースですから、今週も時計は速いままでしょう。
東京芝2400mは、ほぼペースが上がることはないので、瞬発力勝負に長けた馬が狙い目です。

東京芝2400mの傾向

有利枠 3枠・4枠・6枠・8枠
不利枠 1枠・2枠・5枠
脚質 差し・追込
騎手 3割超え ルメール騎手
人気 川田騎手・田辺騎手
人気薄 横山典騎手

 

 予想優先順位
1位
騎手
2位
タイム
3位
展開
4位
戦績
5位
コース

東京芝2400mは、時計が速くなるコースで、先週の結果を踏襲すると思われるので、おそらく今週も時計は速いままだろう。

差し・追込馬に有利なコースで、とくに逃げ切りは至難の業。

有利枠は3枠、4枠、6枠、8枠で、不利枠は1枠、2枠、5枠

連対率3割を超える騎手はルメール騎手(アーモンドアイ騎乗予定)だけで、2位以下を引き離している。
人気で安定しているのは川田騎手(リリーノーブル騎乗予定)と、田辺騎手(カンタービレ騎乗予定)。
人気薄なら横山典騎手(ゴージャスランチ騎乗予定)。

オークスで人気、話題になりそうな馬

アーモンドアイ  評価:B
戦績ランク7位 スピードランク5位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
相性の良いコースで走ったのは前走の桜花賞(阪神芝1600m)だけだが、その桜花賞がケタ違いの強さ。レースレコードが出た高速決着の平均ペースを、ラスト33.2秒という豪脚で差し切っており、力上位は明らか。騎乗予定のルメール騎手は、唯一のコース連対率3割超えをキープしており、ここも主力を形成する。

オールフォーラヴ  評価:A
戦績ランク1位 スピードランク2位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中1位とかなりのアドバンテージ。これまで相性の良いコースばかりを使い、トータル成績は【2 1 0 0】の安定感は評価できる。前走の忘れな草賞(阪神芝2000m)は、1000m通過58.9秒のハイペースを積極的に動いて7-7-6-3の位置取りから突き抜けた。前々走のアルメリア賞(阪神芝1800m)でもハイペースを経験しており、経験値の面では桜花賞組に劣らない。あとは、瞬発力勝負に対応できるかどうか。

カンタービレ  評価:C
戦績ランク7位 スピードランク13位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。相性の良いコースで【1 1 0 0】と安定しているが、前走のフラワーC(中山芝1800m)が相性の悪いコースなので、フラワーC勝ちから直行の臨戦過程は弱材料。デビュー2戦目の未勝利戦(京都芝1600m)はレースタイム差-2.1で2着と高速決着にも対応できるが、前走のフラワーCが同+0.9なので、どちらかというと時計はかかった方がよさそう。

サトノワルキューレ  評価:C
戦績ランク7位 スピードランク8位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。相性の良いコースでは【1 0 1 0】とまずまずの結果だが、前々走のゆきやなぎ賞(阪神芝2400m)勝ちが相性の悪いコースなので行って来い。前走のフローラS(東京芝2000m)はレースタイム差-1.4の高速決着を制しており、時計が速くなっても十分に対応できるスピードはある。また、そのフローラSが1000m通過61.1秒のスローペースからの、ラスト33.4秒の末脚はオークス向きとも言える。

トーセンブレス  評価:D
戦績ランク17位 スピードランク18位
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中17位とまったく走れていない。相性の良いコースで【0 0 0 2】と結果は出ていないが、阪神JF(阪神芝1600m)、桜花賞(阪神芝1600m)ともに4着と悪くはない。ただ、相性の悪いフラワーC(中山芝1800m)で2着に好走してしまっているのは弱材料。レースタイム差-1.4の桜花賞でも4着だから、時計勝負にも対応できるが、唯一の勝鞍のデビュー戦(中山芝1600m)がレースタイム差+1.0で、2着にフラワーCが同+0.9なので、なるべく時計はかかってほしい。

パイオニアバイオ  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク11位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中1位とかなりのアドバンテージ。相性の良いコースのトータル成績は【0 2 1 0】で、勝鞍はないがそこそこの安定感。すべて未勝利戦のものなので実績面では何とも言えないが、戦績項目は強材料となる。前走のフローラS(東京芝2000m)では、レースタイム差-1.4で2着と、同+0.2の未勝利戦(中山芝2000m)勝ちから一気に時計を詰めており、高速決着でも大丈夫。

マウレア  評価:C
戦績ランク7位 スピードランク14位
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。相性の良いコースで【0 1 1 1】と勝っていないが、阪神JF(阪神芝1600m)3着、チューリップ賞(阪神芝1600m)2着、桜花賞(阪神芝1600m)5着だから悪くはない。ただ、赤松賞(東京芝1600m)勝ちがレースタイム差+1.7で、デビュー勝ち(東京芝1600m)が同+0.4だから、時計勝負になると若干甘くなるので、できれば時計はかかった方が良い。

ラッキーライラック  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク7位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中1位とかなりのアドバンテージ。相性の良いコースで阪神JF(阪神芝1600m)、チューリップ賞(阪神芝1600m)勝ちに、桜花賞(阪神芝1600m)2着だから、実績面では断然。また、チューリップ賞がレースタイム差-1.1で、桜花賞が同-1.4と高速決着にも対応できる。桜花賞は緩みのないペースで先行勢が壊滅するなか、ラスト34.5秒で踏みとどまる強さを見せたが、アーモンドアイの末脚に屈したが、スローになりがちなオークスなら逆転の目も十分。

リリーノーブル  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク9位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中1位とかなりのアドバンテージ。相性の良いコースで【0 1 2 0】と悪くないが、3戦すべてでラッキーライラックの後塵を拝している。2勝目の白菊賞(京都芝1600m)がレースタイム差+0.7だったので、時計が速くなると甘くなるタイプなのかもしれない。雨が降っても高速馬場を保っていた先週の東京芝だから、リリーノーブルにとってはあまり芳しい状態ではない。

レッドサクヤ  評価:D
戦績ランク15位 スピードランク19位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中15位とまったく走れていない。相性の良いコースで走ったのは前走の桜花賞(阪神芝1600m)7着だけで、およそオークスを狙っているローテーションではない。デビュー戦勝ち(京都芝1600m)がレースタイム差+2.6で、2勝目のエルフィンS(京都芝1600m)が同+0.5なので、時計が速くなると厳しい。ただ、エルフィンSで前半800m46.9秒-後半800m48.7秒のハイペースを経験して勝ち上がっており、経験値の面では他馬に劣らない。

 

オークスの注目馬はランドネ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、オールフォーラヴゴージャスランチランドネの3頭。
この中から、ここではランドネを取り上げる。

デビュー戦からここまで、すべて相性の良いコースで走っており、そのトータル成績は【2 1 0 1】で、負けたのは前々走の忘れな草賞(阪神芝2000m)8着だけ。
その忘れな草賞は、1000m通過58.9秒のハイペースをかかり気味に先行して潰れてしまったが、前走のスイートピーS(東京芝1800m)では1000m通過61.3秒のスローペースでも我慢がきいており、折り合い面で進展は見せた。

レースタイム差-1.4の忘れな草賞で8着に負けているが、同-1.3の未勝利戦(阪神芝2000m)で勝ち上がっているように、決して時計勝負がダメなわけではない。

今回は、人気のアーモンドアイ、サトノワルキューレが後方からで、ラッキーライラックの出方次第とはなるが、他馬の目が後方に向くようなら、スローペースからの粘り込みも期待できる。

 

応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA