惨敗続きのウインリバティがここで巻き返す【七夕賞の分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
今週は七夕賞がありますが、七夕賞はやっぱり最終週じゃないとしっくりきませんね。

福島の芝はまだまだ良好なコンディションを保っており、今週も時計は速くなりそうです。
かなりの混戦模様ですが、とりあえずウインリバティに注目したいです。

福島芝2000mの傾向

有利枠 2枠・3枠・4枠・7枠
不利枠 1枠・5枠・6枠
脚  質 先行
騎  手 3割超え 柴田大騎手・蛯名正騎手・北村友騎手
人  気 吉田豊騎手
人気薄 津村騎手

 

予想優先順位
1位 タイム 2位 展開 3位 騎手 4位 戦績 5位 コース特性

 
福島芝2000mは、かなり時計が速くなるコースで、本質的にはスピードタイプが活躍する舞台になっている。
先週の福島芝コースの時計も速かったので、今週も高速決着が望めそう。
ただ、週末が雨予報なので、当日の馬場には注意。

先行馬が強く、直線一気はまず決まらない。

有利枠は2枠、3枠、4枠、7枠で、不利枠は1枠、5枠、6枠

連対率3割を超える騎手は柴田大騎手(マイネルラクリマ騎乗予定)、蛯名正騎手(ステラウインド騎乗予定)、北村友騎手(シャイニープリンス騎乗予定)の3人。
人気で安定しているのは吉田豊騎手(バーディーイーグル騎乗予定)。
人気薄なら津村騎手(メイショウナルト騎乗予定)。


七夕賞で人気、話題になりそうな馬

アルバートドック  評価:A
戦績のトータルは「+4」で、出走登録馬中4位とかなりのアドバンテージ。
アルバートドックは、相性の良いコースのトータル成績が【3 2 0 3】で、掲示板を外したのはデビュー戦(阪神芝2000m)と、前走のエプソムC(東京芝1800m)の2回。重賞を勝った小倉大賞典(小倉芝1800m)が相性の良いコースで、戦績面からは強材料。時計勝負に強いタイプで、前走のエプソムCはレースタイム差+0.2と時計がかかってしまい、アルバートにとっては苦しかった。騎手項目の優先順位が高いコースなので、騎乗予定の戸崎騎手がランク外なのは気になるが、有利枠を引ければ相殺できそう。

シャイニープリンス  評価:C
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
シャイニープリンスは、相性の良いコースで【2 1 2 9】と2勝3連対しているが、着外が多すぎる。だが、前走の新潟大賞典(新潟芝2000m)で3着、前々走の福島民報杯(福島芝2000m)で1着と、相性の良いコースで好走を続けており、臨戦過程には好感が持てる。レースタイム差-0.7の福島民報杯では速い決着にも対応できたが、本質的には時計がかかった方が良いタイプなので、雨が残って時計がかかればさらに良い。ハンデ56.5キロは若干見込まれたものの、騎乗予定の北村友騎手がコース連対率3割を超えており、有利枠を引ければ連対圏。

ステラウインド  評価:C
戦績のトータルは「-4」で、出走登録馬中12位とまったく走れていない。
ステラウインドは、去年の七夕賞(福島2000m)で2着に来ているが、相性の良いコースでは【1 1 1 7】とイマイチな結果。去年の七夕賞はレースタイム差-1.4という高速決着に対応してみせたが、シャイニープリンスと同じように、本質的には時計がかかって良いタイプ。その七夕賞は、スローで逃げたトウケイヘイローと、2番手メイショウナルトがだらしなかったもので、今回も同じような展開であれば、騎乗予定の蛯名正騎手がコースを得意にしており、ハンデも同じ56キロなので無視はできない。

ダコール  評価:B
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中9位と可もなく不可もなし。
ダコールは、相性の良いコースで【4 4 3 11】と4着以下が多いが、掲示板を外したのは去年の新潟記念(新潟芝2000m・6着)、一昨年の新潟記念(新潟芝2000m・12着)、一昨年の小倉記念(小倉芝2000m・7着)の3回だけで、レースキャリアを考慮に入れれば、かなりの安定感といえる。時計勝負に対応できるスピードもあり、ハンデ58キロも克服済み。騎乗予定の小牧騎手がランク外なので、好走条件は有利枠を引くこと。また、重馬場が大の苦手なので、良馬場が絶対条件になる。

バーディーイーグル  評価:B
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
バーディーイーグルは、芝のキャリアが3戦しかないが、前走のむらさき賞(東京芝1800m)が相性の良いコースで、しかもレースタイム差-2.3の高速決着を制しており、ここも時計が速くなれば上位争いが可能。ハンデ54キロの軽量も魅力で、騎乗予定の吉田豊騎手はコース連対率25.5%でランク6位と頑張っている。初重賞にしては相手が揃った感もあるが、有利枠を引ければ本命候補の一頭。

マイネルラクリマ  評価:B
戦績のトータルは「+11」で、出走登録馬中1位と抜群の安定感。
マイネルラクリマは、相性の良いコースのトータル成績が【4 4 4 5】で、掲示板を外したのは3回。一昨年の七夕賞(福島芝2000m)を57キロで勝ち、昨年の七夕賞は58キロで3着。さらに、新潟芝2200mで行われた一昨年のオールカマーを勝ち、戦績面では他の追随を許さない。近走は冴えない結果が続いているが、そのおかげでハンデは0.5キロ減の57.5キロ。時計勝負に対応できるスピードもあるし、重馬場もこなせる柔軟性もある。騎乗予定の柴田大騎手はコースを得意にしており、ここで復活ののろしが上がっても驚けない。

マジェスティハーツ  評価:B
戦績のトータルは「-4」で、出走登録馬中12位とまったく走れていない。
マジェスティハーツは、相性の良いコースで【1 3 0 10】とイマイチな成績。勝ったのは3歳時の500万下(阪神芝1800m)だけで、戦績面では弱材料。どちらかというと時計が速くなった方が良いタイプで、本質的には福島芝2000mは向いている。また、寒い時期があまり良くないタイプで、暖かくなると調子を上げてくるので、時期的にはピッタリ。有利枠を引ければそこそこの勝負は期待できそうだ。ただ、雨が降って時計がかかると厳しいので、良馬場が希望。

ヤマニンボワラクテ  評価:B
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中11位とイマイチな結果。
ヤマニンボワラクテは、相性の良いコースで【1 1 1 5】とそれほど強調できない。また、相性の悪いコースで【3 0 1 3】と掲示板を外したことがない安定感で、戦績面では弱材料。ただ、本質的には時計勝負でこそのタイプで、時計が速くなればなるほどアドバンテージになる。前走の天皇賞・春(京都芝3200m)は、レースタイム差-1.0と絶好の馬場状態だったが、さすがに相手が強かった。今回は3キロ減の55キロで出走できるので、有利枠を引ければ連対圏。

ルミナスウォリアー  評価:B
戦績のトータルは「+6」で、出走登録馬中3位とかなりのアドバンテージ。
ルミナスウォリアーは、相性の良いコースで【3 3 1 0】とほぼパーフェクトな戦績。今回が初オープンとなるので、戦績面ではマイネルラクリマに劣るが、他の馬とは雲泥の差といえる。時計勝負もどんと来いのタイプで、騎乗予定はコース得意の柴山騎手。これで有利枠を引ければ、55キロの軽ハンデなら一気の重賞制覇も夢じゃない。ただ、人気になるようなら妙味はないので押さえに回したい。

 

CBC賞の注目馬はウインリバティ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上したのは、アルバートドックと、ウインリバティの2頭。

アルバートドックは人気になりそうなので、ここではウインリバティを取り上げる。

ウインリバティは、相性の良いコースで【4 2 1 6】と、4勝を挙げていれば及第点以上。
また、時計が速くなって良いタイプで、時計が速くなる福島芝2000mは向いている。

オープンに昇級してからの4戦は、すべて牝馬限定戦で、いずれも惨敗続きだが、G1のエリザベス女王杯も含めてすべて1秒差以内に頑張っている。
今回は、前走からさらに1キロ減の52キロで出走できるのも好材料。

騎乗予定の石川騎手がランク外なので、有利枠を引いてマイペースの先行策と条件はつくが、人気にはならないだろうから、狙って面白い。

 
 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA