【展望】スピード自慢が揃いスワーヴ、ペルシアンには厳しい【安田記念の分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
今週は安田記念です。
大阪杯からの連勝を狙うスワーヴリチャード、マイルG1連勝を狙うペルシアンナイト、新興勢力のサングレーザー、ムーンクエイク、香港から参戦のウエスタンエクスプレスなど、多彩な顔ぶれが揃って面白くなりそうです。

東京芝1600mの傾向

有利枠 1枠・2枠・4枠・8枠
不利枠 3枠・5枠・6枠
脚質 差し・追込
騎手 3割超え
人気 川田騎手
人気薄 戸崎騎手・福永騎手・蛯名正騎手

 

 予想優先順位
1位
タイム
2位
戦績
3位
展開
4位
騎手
5位
コース

東京芝1600mは、時計が速くなるコースで、先週の高速馬場が続くなら、今週も時計は速くなるだろう。

差し・追込馬に有利なコースで、先行勢は厳しくなる。

有利枠は1枠、2枠、4枠、8枠で、不利枠は3枠、5枠、6枠

連対率3割を超える騎手はルメール騎手だが、今のところ騎乗予定はない。
人気で安定しているのは川田騎手(ペルシアンナイト騎乗予定)。
人気薄なら戸崎騎手(アエロリット騎乗予定)、福永騎手(サングレーザー騎乗予定)、蛯名正騎手(サトノアレス騎乗予定)。

安田記念で人気、話題になりそうな馬

アエロリット  評価:B
戦績ランク7位 スピードランク11位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中11位と戦績面では強調できない。
レースタイム差+0.7だった秋華賞(京都芝2000m)で1番人気を裏切る7着敗退だったように、とにかく時計が速くならないとダメなタイプで、高速決着が続く今の東京芝は合っている。戦績レベルが高いため、戦績項目に加点はないが、NHKマイルC(東京芝1600m)勝ちに、ヴィクトリアマイル(東京芝1600m)4着を含め、相性の良いコースで掲示板を外したことはない。

キャンベルジュニア  評価:B
戦績ランク2位 スピードランク6位
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中2位とかなりのアドバンテージ。
近年稀に見る激流となった、2年前の関門橋S(小倉芝1800m)を勝った時から重賞でも勝ち負けできる潜在能力を示しており、ダービー卿CT(中山芝1600m)、京王杯SC(東京芝1400m)連続2着はフロックではないだろう。レースタイム差-0.7の幕張S(中山芝1600m)を勝ち、同-1.4の京王杯SCで2着に好走しているように、時計勝負に対応できるスピードはあるが、今回はスピードランク6位なので、なるでく時計はかかってほしい。

サトノアレス  評価:B
戦績ランク5位 スピードランク16位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中5位とまずまずの安定感。
相性の良いコースのトータル成績は【1 2 0 1】で、掲示板を外したのは昨年の富士S(東京芝1600m)6着だけ。その富士Sはレースタイム差+1.8という極悪馬場のもので、参考外と考えていいだろう。レースタイム差-1.4の京王杯SC(東京芝1400m)でも3着好走があるように、時計が速くなっても対応できるものの、今回はスピードランク16位なので、とにかく時計がかからないと厳しい。

サングレーザー  評価:C
戦績ランク15位 スピードランク8位
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中15位とまったく走れていない。
ここまで相性の良いコースでは一度も走ったことがなく、逆に相性の悪いコースで【3 0 0 0】と走っており、安田記念を狙うローテーションとは言えない。前走のマイラーズC(京都芝1600m)は、800m通過45.8秒-1000m通過57.2秒の激流をラスト33.2秒の切れ味で差し切っており、ハイペースの高速決着になりやすい安田記念においては経験値の面ではアドバンテージだが、相性の良いコースで走ったことがない不利を克服するには、有利枠を引くことが絶対条件となる。

スワーヴリチャード  評価:B
戦績ランク5位 スピードランク7位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中5位とまずまずの安定感。
前走の大阪杯(阪神芝2000m)は前半1000m61.1秒-後半1000m57.1秒と、前後半で4秒も違うという極端なレースだった。それは、3角あたりからスワーヴ自身がまくって先頭を奪ってしまったからだった。この強引な競馬で2着以下に3/4馬身差だから、力上位は明らか。ただ、マイル未経験で連対したのはヤマニンゼファー(1992年)とショウナンマイティ(2013年)だけで、マイラーのトップクラスが集う舞台では弱材料となってしまう。

ペルシアンナイト  評価:B
戦績ランク5位 スピードランク13位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中5位とまずまずの安定感。
ハイペースの皐月賞(中山芝2000m)で2着、極端なラップでタフなレースとなった前走の大阪杯(阪神芝2000m)で2着に来ているように、スローのヨーイドンよりある程度ペースが流れてくれる方が良いので、ペースが上がりやすい東京マイルは合っている。昨秋のマイルCS(京都芝1600m)を勝っているように距離も問題ないが、スピードランク13位が示すように、できれば時計はかかってほしい。

リアルスティール  評価:C
戦績ランク11位 スピードランク9位
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中11位と安定感はない。
相性の良いコースのトータル成績は【1 1 0 2】で、掲示板を外したのは一昨年の安田記念(東京芝1600m)11着。その安田記念がドバイ遠征帰りだったため、同じローテーションの今年も心配になってしまうが、さすがに陣営も同じ轍は踏まないだろう。右前を開いて走る癖があるので、左回りの方が圧倒的に良い。左回りで大敗したのが、前記の安田記念なので、やはり陣営の仕上げしだいということになる。

リスグラシュー  評価:B
戦績ランク1位 スピードランク12位
戦績のトータルは「+6」で、出走登録馬中1位とかなりのアドバンテージ。
相性の良いコースで【3 2 1 0】と馬券圏外が一度もない安定感で、戦績面では他の追随を許さない。その中身も、東京新聞杯(東京芝1600m)勝ちに、ヴィクトリアマイル(東京芝1600m)なら、実績面でも文句なし。前走のヴィクトリアマイルがレースタイム差-0.7で2着だから、ある程度の時計勝負までなら対応できるが、東京新聞杯がレースタイム差+1.1で、去年の秋華賞(京都芝2000m)が+同0.7と、どちらかというと時計がかかった方が良い。スローの瞬発力勝負だと分が悪いので、ペースが上がりやすい東京マイルは向く。

レッドファルクス  評価:B
戦績ランク5位 スピードランク9位
戦績のトータルは「+-0」で、出走登録馬中5位とまずまずの安定感。
相性の良いコースでは3歳時の500万下戦(新潟芝1400m)8着と、去年の安田記念(東京芝1600m)3着の二度だけと強調できないが、安田記念がサトノアラジンからコンマ1秒差なら問題ない。昨秋のマイルCS(京都芝1600m)では8着に敗れているが、左回りの方が得意なので、東京なら距離を克服できる可能性はある。前走の高松宮記念(中京芝1200m)は時計がかかって8着に敗れているように、時計勝負に強いタイプなので、時計が速い今の東京芝は大歓迎。

 

安田記念の注目馬はブラックムーン

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、ブラックムーンだけ。

相性の良いコースで【2 1 1 4】とそれほど強調できないが、相性の悪いコースで一度しか走っていない(スピカS1着)のは強材料。同コースで行われた去年の富士S(東京芝1600m)では、レースタイム差+1.8の極悪馬場に力を発揮できなかったが、時計が速くなれば巻き返しは可能。

前走のマイラーズC(京都芝1600m)は、前半800m45.8秒-後半800m45.5秒の平均ペースだったが、最初の1F目以外すべて10秒台~11秒台というハイラップで、休み明けの同馬には厳しかった。

今回はG1馬7頭と相手は揃ったが、叩いた効果を合わせれば、上位を賑わす可能性は十分ある。
 


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA