カレンミロティックの巻き返しに期待【阪神大賞典の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
明日は阪神大賞典ですね。
今年はちょっとメンバーが薄いですけど、春天を盛り上げるためにも、全馬に頑張ってほしい!

阪神芝3000mのコースデータはこちら→

【予想優先順位】
1.戦績
2.展開
3.タイム
4.騎手
5.コース特性




【1.戦績】
 1番カレンミロティック
 5番マイネルメダリスト
 7番カムフィー
 3番トーホウジャッカル
 8番ストロベリーキング

マイナスポイント
→10番サイモントルナーレ
→ 9番タマモベストプレイ
→ 6番タンタアレグリア

 
【2.展開】
 4番アドマイヤフライト
 1番カレンミロティック
 3番トーホウジャッカル
 6番タンタアレグリア
 2番アドマイヤデウス

 
【3.タイム】
 4番アドマイヤフライト
 7番カムフィー
 6番タンタアレグリア
 2番アドマイヤデウス
 9番タマモベストプレイ

マイナスポイント
→ 1番カレンミロティック
→ 5番マイネルメダリスト

 
【4.騎手】
なし

 
【5.コース特性】
11番シュヴァルグラン
 1番カレンミロティック
 2番アドマイヤデウス
 9番タマモベストプレイ
 8番ストロベリーキング

マイナスポイント
→ 4番アドマイヤフライト
→ 7番カムフィー
→ 6番タンタアレグリア

 
【軸推奨馬】
◎ 1番カレンミロティック
○ 2番アドマイヤデウス
▲ 3番トーホウジャッカル
△ 7番カムフィー
× 8番ストロベリーキング

◎カレンミロティックは、相性の良いコースのトータル成績が【4 2 3 3】で、掲示板を外したのは去年の宝塚記念(阪神芝2200m)13着と、5歳時の有馬記念(中山芝2500m)6着の2回だけで、G2クラスなら安定感抜群。去年のジャパンC以来の実戦となるが、休み明けでも走れるタイプなので問題ない。ただ、時計が速い方が良いタイプなので、今週の雨は気がかりで、少しでも時計が速くなってほしい。

○アドマイヤデウスは、相性の良いコースで【1 0 0 3】とパッとしないが、唯一の勝ち鞍は高速決着だった去年の日経賞(中山芝2500m)。本質的には時計はある程度かかった方が良いので、日経賞勝ちは評価できる。極悪馬場だった前走の京都記念で3着に来ているように、重馬場も大丈夫。ただ、先週も書いたとおり、鞍上の岩田騎手が重賞で大スランプに陥っており、評価を一枚下げた。

▲トーホウジャッカルは、超高速決着となった菊花賞を勝っているように、時計勝負で真価を発揮するタイプなので、雨の影響で時計がかかってしまうのは弱材料。それでも、相性の良いコースでは【1 0 1 2】の成績で、唯一の勝ち鞍である菊花賞(京都芝3000m)では、去年の有馬記念の1、2着馬を退けており、実績面では最上位。大きかった菊花賞の反動が克服できているようなら、逆転もある。

△カムフィーは、不利枠が弱材料。×ストロベリーキングは、コース相性は良いのだが、いかんせん1000万下の身で力関係でマイナス。

 
出走各馬の分析は、こちらを参考にしてください→良馬場で見直したいカムフィー【阪神大賞典の分析】

 

中山メインのスプリングSの予想はこちら→(◎8番プランスシャルマン)
中山準メインの千葉Sの予想はこちら→(◎5番ブルドッグボス)
 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA