【予想】オーソリティ まだまだ幼い面も残すが能力相当【ホープフルSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
さて、個人的には有馬記念で年内の競馬は終了なので、最後の1週は蛇足です。
今年の回収率は300%以上が確定しましたので、気持ちはもう来年の金杯に向かっています。

中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ブラックホール ×
2
2 コントレイル
3
3 ブルーミングスカイ ×
4
4 ガロアクリーク
5 ヴェルトライゼンデ ×
5
6 ナリノモンターニュ ×
7 ワーケア ×
6
8 クリノブレ―ヴ
9 パンサラッサ ×
7
10 ディアセオリー × ×
11 オーソリティ ×
8
12 ラグビーボーイ
13 ラインベック ×

【軸推奨馬】
◎11番オーソリティ
○ 7番ワーケア
▲ 2番コントレイル
△ 3番ブルーミングスカイ
× 8番クリノブレ―ヴ

◎オーソリティは、新馬戦がレースタイム差+4.1という史上最低に近いタイムで勝ち上がり、次走に不安を残したが、芙蓉Sでは一転してレースタイム差-0.4で後続に2馬身半差の圧勝。これはセンス以外の何物でもない。その芙蓉Sでは、スムーズに手前を替えておらず幼い面も見せていたが、それでこの勝ちっぷり。3連勝で、一気にG1制覇だ。

○ワーケアは、前走のアイビーSが、重馬場の中でレースタイム差-1.2の高速決着。2着以下に3馬身差の圧勝だから強かった。ただ、最終週の中山芝2000mは時計がかかる。先週も、有馬記念だけ速かっただけで、あとは時計がかかっていた。とはいえ、デビュー戦はレースタイム差+0.2なので、多少時計がかかっても対応できる。

▲コントレイルは、前走の東スポ杯2歳Sが圧巻のレコードで、後続に5馬身差の圧勝劇。そのセンスと完成度は、ここでも一枚抜けている。ただ、上記でも書いた通り、最終週の中山芝2000mの馬場コンディションは、いかにも同馬に合わない。それでも力は抜けているので、克服できる可能性も大。

△ブルーミングスカイは、コース得意の田辺騎手の手腕に期待。×クリノブレ―ヴは、とにかく時計が速くなってほしい。

阪神メインのベテルギウスSの予想はこちら→(◎7番ワイルドカード)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA