マカヒキ スローの瞬発力勝負なら復権可能【ジャパンCの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
ジャパンCはここ数年、スローの瞬発力勝負ばかりです。
平均以上のペースで逃げることが多いキタサンブラックですが、去年のジャパンCはスローに落としていました。
ゲートを出てみないとわかりませんが、天皇賞(秋)のダメージもあるでしょうから、天皇賞(春)のようなハイペースにはならないと思います。

 
東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 シュヴァルグラン ×
2 レイデオロ
2
3 ギニョール ×
4 キタサンブラック
3
5 サウンズオブアース
6 イキートス
4
7 ディサイファ ×
8 ソウルスターリング
5
9 レインボーライン ×
10 ブームタイム ×
6
11 マカヒキ
12 サトノクラウン
7
13 シャケトラ
14 アイダホ
8
15 ワンアンドオンリー × ×
16 ヤマカツエース ×
17 ラストインパクト ×

【軸推奨馬】
◎11番マカヒキ
○12番サトノクラウン
▲ 2番レイデオロ
△13番シャケトラ
× 5番サウンズオブアース

◎マカヒキは、相性の良いコースのトータル成績が【3 0 0 2】で、掲示板を外したのは前々走の毎日王冠(東京芝1800m)6着だけ。時計勝負に強く瞬発力勝負で真価を発揮するタイプなので、レースタイム差-0.3でスローペースだった毎日王冠の敗退はいただけないのだが、初の1800mだったので、2400mに替わる今回が復権の最後のチャンスとなる。天皇賞(秋)のダメージが残るキタサンブラックがスローに落としてくれるようなら、差し届く可能性はある。

○サトノクラウンは、現役屈指の重の鬼なだけに、前走の天皇賞(秋)で唯一ダメージが残っていないと思われる。相性の良いコースで掲示板を外したのは。レースタイム差-0.7だった大阪杯(阪神芝2000m)6着なので、なるべく時計はかかってほしいところ。雨にたたられた最終週の東京芝2400mならなんとかなりそうだ。

▲レイデオロは、ダービー(東京芝2400m)を勝ったものの、そのダービーがレースタイム差+0.1で時計勝負に不安を残したが、秋初戦の神戸新聞杯(阪神芝2400m)をレースタイム差-2.8で勝ち上がり、成長を見せつけた。スローのヨーイドンばかりで好走しているのでペースが上がると苦戦を強いられそうだが、今回もそれほどペースは上がらないだろう。となれば、コース得意のルメール騎手の手綱さばきが光るはず。

△シャケトラは、なるべく時計が速くなってほしい。×サウンズオブアースは、前走の大敗が気がかりで、実績は認めても連下まで。

 
京都メインの京阪杯の予想はこちら→(◎15番アットザシーサイド)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA