【予想】ダノンラスター レベルの高かった東スポ杯2歳S5着を評価【京成杯の予想】

   2019/01/14

こんばんわ、ウキョーです。
人気の葉牡丹賞組は怖いのですが、本命はダノンラスターになりました。

中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 カイザースクルーン   ×
2
2 ヒンドゥタイムズ      
3
3 クリスタルバローズ   ×
4
4 マードレヴォイス ×
5
5 ランフォザローゼス ×
6 カテドラル   ×
6
7 ラストドラフト  
8 カフジジュピター  
7
9 シークレットラン ×  
10 ナイママ ×
8
11 リーガルメイン
12 ダノンラスター    

【軸推奨馬】
◎12番ダノンラスター
○ 9番シークレットラン
▲ 5番ランフォザローゼス
△11番リーガルメイン
× 7番ラストドラフト

◎ダノンラスターは、レースタイム差-1.9の高速決着となった東スポ杯2歳S(東京芝1800m)で、コンマ3秒差の5着。勝ったニシノデイジーがホープフルSで3着、7着クリノガウディ―が朝日杯FSで2着だから、レースレベルは推して知るべし。その前走は直線で前をさばくロスがあっただけに、頭数が少なくなるのはアドバンテージだろう。

○シークレットランは、前走の葉牡丹賞(中山芝2000m)をレースタイム差-3.1のレコード決着を制している。また、その葉牡丹賞はテンの1Fを除いてすべて12.3秒以下というハイラップで、レースレベルは超A級だった。それを、12-8-6という積極的な競馬で制すのだから、重賞でも即通用する力はある。

▲ランフォザローゼスは、前記の葉牡丹賞で2着に好走している。その葉牡丹賞では、後半最速ラップの地点でゴチャついた分の2着。勝ったシークレットランとは力差はない。

△リーガルメインは、なるべく時計が速くなってほしい。×ラストドラフトは、逆に時計がかかって連対圏。

京都メインの淀短距離Sの予想はこちら→(◎10番ナインテイルズ)
中山準メインのジャニュアリーSの予想はこちら→(◎3番ホウショウナウ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA