スワーヴリチャード 今年の主役になるためにも負けられない【金鯱賞の予想】

 

中京芝は時計がかかっており、そもそも時計がかかる中京芝2000mがさらに重くなっています。
時計勝負に強いサトノダイヤモンドやブレスジャーニーにとっては、走りにくい馬場になりそうです。

 
中京芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ヤマカツエース ×
2
2 メートルダ―ル ×
3
3 ブレスジャーニー
4
4 サトノノブレス ×
5
5 サトノダイヤモンド ×
6
6 ダッシングブレイズ
7
7 デニムアンドルビー ×
8
8 アクションスター
9 スワーヴリチャード ×

【軸推奨馬】
◎ 9番スワーヴリチャード
○ 2番メートルダ―ル
▲ 1番ヤマカツエース
△ 6番ダッシングブレイズ
× 3番ブレスジャーニー

◎スワーヴリチャードは、ダービー(東京芝2400m)やアルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)のようにスローの瞬発力勝負で結果を残してきており、ペースが落ち着きそうな今回は展開が向きそう。相性の良いコースで走ったことがないので戦績項目はマイナスになっているが、左手前に変えるのがヘタなので左回りが合っている。ここは人気でも外せない。

○メートルダ―ルは、基準タイム差-1.7だった関屋記念(新潟芝1600m)で、まったくついて行けずに人気を裏切ってしまったように、時計勝負になると厳しいので、時計がかかりそうな今の中京芝2000mは合っているはず。ただ、不利枠を引いてしまったので、コース得意の福永騎手の手綱さばきに期待したい。

▲ヤマカツエースは、金鯱賞(中京芝2000m)2連覇、中山金杯(中山芝2000m)1着、札幌記念(札幌芝2000m)3着と、時計がかかるコースならベストパフォーマンスを見せる。雨で重くなった中京芝2000mは絶好の舞台となる。不利枠を引いた分、評価は下げたが、同一重賞3連覇も夢ではない。

△ダッシングブレイズは、なるべく時計が速くなってほしい。×ブレスジャーニーは、時計勝負にならないと厳しいが力は足りる。

 
阪神メインのフィリーズレビューの予想はこちら→(◎14番アルモニカ)
中山10Rの東風Sの予想はこちら→(◎6番ミッキージョイ)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA