【金鯱賞】ニシノデイジー 馬場が渋ればまだ見限れない

 

こんばんわ、ウキョーです。
サートゥルナーリアの復帰戦です。果たして左回りが苦手なのか、地下馬道が長い東京競馬場がダメなのか、この一戦でわかりますね。要注目です。

中京芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ケイデンスコール × ×
2
2 ラストドラフト ×
3
3 ニシノデイジー
4
4 ダイワキャグニー
5
5 サトノガーネット × ×
6 サートゥルナーリア
6
7 ギベオン
8 サトノソルタス ×
7
9 ブレスジャーニー ×
10 ロードマイウェイ ×
8
11 ジュンヴァルカン ×
12 マイネルファンロン ×

【軸推奨馬】
◎ 3番ニシノデイジー
○ 6番サートゥルナーリア
▲ 2番ラストドラフト
△ 7番ギベオン
×12番マイネルファンロン

◎ニシノデイジーは、昨秋に復帰してから2歳時の輝きを取り戻せないが、復帰後の3戦は相性の悪いコースで、今回に限ってはむしろアドバンテージになる。相性の良いコースでは、札幌2歳S勝ちに、ホープフルS3着、弥生賞4着で、G2ならまだ見限れない。雨の影響で時計がかかれば、なおさら走りごろ。

○サートゥルナーリアは、相性の良い皐月賞と神戸新聞杯を勝ち、前走の有馬記念2着と、今回のメンバーでは明らかに格上の存在。レースタイム差-3.4の皐月賞を勝っているが、今回はスピードランク7位で、時計がかかる馬場も合っている。本命にしないのはダントツ人気で妙味がなさそうだから。

▲ラストドラフトは、前走のAJCCがレースタイム差+2.2で3着だったように、現状では時計がかかった方がパフォーマンスが良いので、雨の影響が残れば絶好の舞台となる。3歳の春とは違って差しが板についてきており、差しが決まりやすい中京芝2000mは展開面もマッチする。

△ギベオンは、なるべく時計がかかってほしい。×マイネルファンロンは、不利枠を克服できれば。

中山メインのアネモネSの予想はこちら→(◎3番ジェラペッシュ)
阪神メインのフィリーズレビューの予想はこちら→(◎3番フェアレストアイル)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA