【京都記念】カレンブーケドール 実績十分ながら53キロで重賞初制覇のチャンス

 

こんばんわ、ウキョーです。
津村騎手の騎乗技術は、もはや誰もが知るとことだと思います。なのに、まだG1未勝利。
それでも、ハイペースのオークス、秋華賞、ジャパンCでいずれも2着ですから、今年こそは津村騎手のG1制覇のチャンスです。ここは、ぜひとも勝ってG1に向かいたいところですね。

京都芝2200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 カレンブーケドール
2
2 プリンスオブぺスカ × ×
3
3 クラージュゲリエ
4
4 アメリカズカップ ×
5
5 ステイフーリッシュ ×
6
6 アルメリアブルーム
7
7 クロノジェネシス  
8 ドレッドノータス
8
9 ノーブルマーズ
10 ガンコ × ×

【軸推奨馬】
◎ 1番カレンブーケドール
○ 8番ドレッドノータス
▲ 6番アルメリアブルーム
△ 7番クロノジェネシス
× 5番ステイフーリッシュ

◎カレンブーケドールは、前走のジャパンCが前半1000m60.3秒-後半1000m61.3秒のハイペースを、4角2番手の積極性で2着確保と、このメンバーなら自力上位は明らか。そのジャパンCがレースタイム差+0.8と時計がかかっており、今の荒れた京都芝も問題なくこなせる。相性の良いコースで【1 3 1 0】の安定感も魅力で、ここを勝って待望のG1制覇へ向かう。

○ドレッドノータスは、相性の良いコースで【5 1 2 5】と最多の勝鞍を上げており、その中身も昨秋の京都大賞典勝ちと実績面では申し分ない。前走の天皇賞(秋)ではさすがに歯が立たなかったが、G2メンバーなら格負けしない。今回は有利枠を引き、展開も向きそうなのもアドバンテージ。

▲アルメリアブルームは、レースタイム差+1.4の大原S(京都芝2000m)勝ちに、レースタイム差+0.3の愛知杯で2着だったように、時計がかかるコースで真価を発揮するタイプ。時計がかかっている今の京都芝は合っている。ここがラストランになるようなので割り引いたが、有終の美を飾っても驚けない。

△クロノジェネシスは、とにかく時計が速くなってほしい。×ステイフーリッシュは、逆に時計がかかってアドバンテージ。

東京メインの共同通信杯の予想はこちら→(◎2番ビターエンダー)
小倉メインの北九州短距離Sの予想はこちら→(◎1番エスターテ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA