【予想】タガノディアマンテ 相手弱化のここなら重賞初勝利のチャンス【京都新聞杯の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
2勝馬がたった3頭という低調メンバーですが、最後のダービー切符をめぐって好勝負を期待したいところです。

京都芝2200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 オールイズウェル
2
2 ヴァンケドミンゴ × × ×
3
3 ロジャーバローズ
4 ブレイキングドーン
4
5 ナイママ × ×
6 サトノソロモン
5
7 タガノディアマンテ ×
8 ハバナウインド
6
9 フランクリン ×
10 ヤマカツシシマル × ×
7
11 トーセンスカイ
12 レッドジェニアル   ×
8
13 ヒーリングマインド ×
14 モズベッロ × ×

【軸推奨馬】
◎ 7番タガノディアマンテ
○ 4番ブレイキングドーン
▲12番レッドジェニアル
△ 1番オールイズウェル
× 3番ロジャーバローズ

◎タガノディアマンテは、レースタイム差-3.4の超高速決着となった皐月賞(中山芝2000m)で、コンマ8秒差6着に頑張っており、このメンバーなら実績上位。相性の良い東京芝1800mの未勝利戦を勝っているのも好材料で、有利枠を引いた今回は初重賞制覇のチャンス到来。

○ブレイキングドーンは、皐月賞では11着惨敗だったが、相性の良い阪神芝1800mで新馬勝ち、京都芝2000mの京都2歳S(G3)で2着と、実績はタガノディアマンテにも負けていない。コース得意の福永騎手が一貫して手綱を握っており、ここで重賞制覇があっても驚けない。

▲レッドジェニアルは、相性の良い京都芝2000mで未勝利を勝ち上がり、レースタイム差-1.7の高速決着ならここでもスピード負けはしない。鞍上の酒井学騎手がワーストランク入りなのは気になるが、連対圏なら十分。

△オールイズウェルは、前走が明らかな不利で仕切り直し。×ロジャーバローズは、とにかく時計が速くなってほしい。

東京メインのプリンシパルSの予想はこちら→(◎12番マイネルサーパス)
新潟メインの邁進特別の予想はこちら→(◎9番アーヒラ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA