【予想】アドマイヤビクター 初の一線級との対戦でも魅力大【みやこSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
土曜の京都ダートは思ったほど時計は速くありませんでしたが、それでも馬場差にするとマイナスでした。
とはいえ、京都ダ1800mはそもそも時計が抜群に速いコースなので、みやこSも高速決着になりそうです。

京都ダ1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ヴェンジェンス
2 アドマイヤビクター
2
3 キングズガード × × ×
4 アングライフェン
3
5 スマハマ
6 ラビットラン
4
7 メイショウスミトモ × ×
8 ワイドファラオ
5
9 アナザートゥルース ×
10 リアンヴェリテ ×
6
11 テーオーエナジー
12 ロードアルペジオ
7
13 ノーヴァレンダ ×
14 ウェスタールンド
8
15 メイショウウタゲ ×
16 インティ ×

【軸推奨馬】
◎ 2番アドマイヤビクター
○ 6番ラビットラン
▲11番テーオーエナジー
△16番インティ
× 8番ワイドファラオ

◎アドマイヤビクターは、前走の竹田城S(阪神ダ2000m)が前半1000m60.2秒-後半1000m63.6秒の超ハイペースを、3番手追走から2着以下に3馬身半差の圧勝。7か月半の休養明けで仕上がり途上での独壇場だから強かった。一線級と対戦するのは初めてとなるが、コース得意の和田竜騎手が連続騎乗なのは心強い限り。

○ラビットランは、馬体重30キロ増だった前走のレディスプレリュード(大井ダ1800m)で3着に踏みとどまったのは自力の証。牝馬限定せんばかりを使ってきたが、今回はスピードランク5位とギリギリではあるが走破圏内。リアンヴェリテ、テーオーエナジー、インティと前に行きたいクチを先に行かせて、展開も向きそう。

▲テーオーエナジーは、相性の良いコースで【2 1 1 2】の好成績。スピードランク9位と時計が足りないので、なるべく時計がかかってほしいところなので、現状の馬場を考えると単穴まで。涼しくなって調子を上げるタイプなので、ここは走りごろ。

△インティは、とにかく時計が速くなってほしい。×ワイドファラオは、距離延長をコース得意のMデムーロ騎手の手腕で相殺したい。

東京メインのアルゼンチン共和国杯の予想はこちら→(◎11番パリンジェネシス)
福島メインのみちのくSの予想はこちら→(◎3番ダイシンバルカン)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA