【中山牝馬S】カリビアンゴールド 馬場と展開を味方に初重賞制覇は目前

 

こんばんわ、ウキョーです。
このメンバーなら、逃げるのはモルフェオルフェでしょうか。マイル以下ならハイペースで飛ばす同馬も、距離に不安がある今回は、それほど速いラップでは逃げないと思います。
コントラチェックの出方がカギになりますが、競るとスムーズさを欠くので、モルフェオルフェが逃げれば、おそらく控えるでしょう。

中山芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 レッドランディーニ ×
2 フィリアプーラ ×
2
3 フェアリーポルカ ×
4 メイショウグロッケ ×
3
5 デンコウアンジュ ×
6 ウインシャトレーヌ ×
4
7 レッドアネモス
8 カリビアンゴールド
5
9 エスポワール ×
10 レイホーロマンス
6
11 コントラチェック
12 モルフェオルフェ
7
13 ゴージャスランチ
14 ウラヌスチャーム
8
15 リュヌルージュ ×
16 ロフティフレーズ ×

【軸推奨馬】
◎ 8番カリビアンゴールド
○11番コントラチェック
▲10番レイホーロマンス
△ 9番エスポワール
×14番ウラヌスチャーム

◎カリビアンゴールドは、相性の良いコースのトータル成績が【3 4 2 6】で、掲示板を外したのは3回。オープンに昇級して、レースタイム差-0.6のリゲルSで5着、レースタイム差+0.7の洛陽Sで2着と、時計がかかった方が良いタイプ。明日の雨予報は願ってもない。消耗戦は得意でないので、平均以下で流れそうな今回は狙い目。

○コントラチェックは、前走のターコイズSを前半800m45.4秒-後半800m46.8のハイペースで逃げ切り勝ち。モルフェオルフェが逃げれば、おそらく控えるだろうが、自分のペースなら遅い速いは問わない。ただ、スピードランク1位と時計勝負に強いタイプなので、力は認めても、若干時計がかかりそうな今回は、評価を一枚落とした。

▲レイホーロマンスは、前走の小倉大賞典が前半800m48.2秒-後半800m48.0秒の平均ペースだったが、当時の小倉は馬場の悪化が進んでおり、これでもハイラップ。それを、牡馬に混じって4着だから力はある。そのときと同じ51キロは、かなり恵まれたと言っていい。ただ、年明けからすでに4戦目と、上がり目は期待しづらい。

△エスポワールは、とにかく時計が速くなってほしい。×ウラヌスチャームは、逆に時計がかかって連対圏。

阪神メインのポラリスSの予想はこちら→(◎15番スマートダンディー)
中京メインのファルコンSの予想はこちら→(◎6番シャインガーネット)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA