ウインブライト 重賞連勝でG1戦線に殴り込み【中山金杯の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
逃げるのは、おそらくマイネルミラノです。この馬はハイペースの消耗戦で真価を発揮するのに、陣営はスローで逃がしてばかりですから、今回もそれほど速くはならないでしょう。
瞬発力勝負に強い、先行、好位追走馬が狙い目です。
 
中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ウインブライト ×
2 レアリスタ ×
2
3 トーセンマタコイヤ ×
4 アウトライアーズ ×
3
5 デニムアンドルビー ×
6 セダブリランテス
4
7 ブラックバゴ ×
8 パリカラノテガミ
5
9 ダイワキャグニー
10 タイセイサミット ×
6
11 ストレンジクォーク
12 フェルメッツァ ×
7
13 ジョルジュサンク
14 マイネルミラノ
8
15 ショウナンマルシェ ×
16 ケントオー
17 カデナ ×

【軸推奨馬】
◎ 1番ウインブライト
○ 6番セダブリランテス
▲14番マイネルミラノ
△ 9番ダイワキャグニー
× 4番アウトライアーズ

◎ウインブライトは、相性の良いコースのトータル成績が【2 1 0 1】で、掲示板を外したのは皐月賞(中山芝2000m)8着だけ。その皐月賞もコンマ5秒差なら、G3戦なら及第点以上。前走の福島記念(福島芝2000m)では、前半1000m通過61.6秒から、11.4秒-11.6秒-11.6秒-11.5秒-12.5秒の変則ペースを4角2番手から押し切っており、展開不問の地力型を証明した。ハンデ56キロも恵まれており、コース得意の松岡騎手鞍上なら、重賞連勝も目前。

○セダブリランテスは、アクシデント明けだった前走のアルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)で、スワーヴリチャードからコンマコンマ6秒差の3着なら、十分評価できる。今回は1キロ増えるが、55キロなら問題ないし、有利枠を引いて鞍上はコース得意の戸崎騎手。逆転の目も十分にある。

▲マイネルミラノは、相性の良いコースで【3 0 0 4】と勝つか負けるかの両極端だが、今回のメンバーなら3勝を挙げていれば及第点。近2走では逃げられずに、中盤からペースを上げていく競馬で無理をしてしまったが、ここは他に逃げ馬も見当たらず、得意のペースで進められるはず。

△ダイワキャグニーは、なるべく時計が速くなってほしい。×アウトライアーズは、逆に時計がかかって連対圏。

 
京都メインの京都金杯の予想はこちら→(◎10番スズカデヴィアス)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA