【予想】アーモンドアイ 二冠奪取は目前【オークスの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
逃げるのはサヤカチャンでしょうか。同馬の逃げは、2番手以降の馬の動きに左右されますから、それほどペースは上がらないと思います。

 
東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 リリーノーブル
2 ラッキーライラック
2
3 マウレア
4 トーセンブレス × × ×
3
5 カンタービレ
6 オールフォーラヴ
4
7 トーホウアルテミス
8 サトノワルキューレ
5
9 シスターフラッグ × ×
10 レッドサクヤ × × ×
6
11 パイオニアバイオ
12 サヤカチャン ×
7
13 アーモンドアイ
14 ランドネ
15 ウスベニノキミ
8
16 ウインラナキラ
17 ロサグラウカ
18 オハナ ×

【軸推奨馬】
◎13番アーモンドアイ
○14番ランドネ
▲ 6番オールフォーラヴ
△11番パイオニアバイオ
× 2番ラッキーライラック

◎アーモンドアイは、とにかく前走の桜花賞が圧巻の勝利。1000m通過58.7秒の淀みのないペースで、ラッキーライラックが上がり34.5秒で粘り込む勝ちパターンだったのを、33.2秒の脅威の末脚で差し切った。2400mであの競馬ができるのかわからないが、力量的には、現時点で桜花賞組は太刀打ちできないのではないか。

○ランドネは、前々走の忘れな草賞(阪神芝2000m)は折り合いを欠いて8着に惨敗したが、そこでハイペースを経験できたのは本番に向けて良い経験になった。それは、スローで流れた前走のスイートピーS(東京芝1800m)で証明された。人気のアーモンドアイ、サトノワルキューレが後方待機なら、残り目は十分。

▲オールフォーラヴは、デビューから相性の良いコースばかり使われ続け、トータル成績は【2 1 0 0】と安定感抜群。前走の忘れな草賞(阪神芝2000m)は、1000m通過58.9秒のハイペースを積極的に動いて押し切っており、このメンバーに入っても力は通用するはず。有利枠を引けた今回は、人気馬の間を割る余地はある。

△パイオニアバイオは、なるべく時計がかかってほしい。×ラッキーライラックは、ランク外の石橋脩騎手の手腕しだい。

 
新潟メインの韋駄天Sの予想はこちら→(◎16番ブラックバード)


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA