【クイーンC】ミヤマザクラ 前走の京都2歳Sを高評価

 

こんばんわ、ウキョーです。
府中は、週中に若干雨が降りましたが、おそらく影響はないでしょう。先週は高速馬場になっていましたから、今週も時計が速いコンディションではないでしょうか。

東京芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ミヤマザクラ
2
2 メルテッドハニー
3
3 ルナシオン ×
4 アミークス ×
4
5 セイウンヴィーナス ×
6 シャンドフルール
5
7 ヤマニンプレシオサ × ×
8 サナチャン × ×
6
9 マジックキャッスル
10 アカノニジュウイチ ×
7
11 アールクインダム ×
12 ホウオウピースフル ×
8
13 チアチアクラシカ
14 インザムービー ×

【軸推奨馬】
◎ 1番ミヤマザクラ
○13番チアチアクラシカ
▲ 6番シャンドフルール
△ 9番マジックキャッスル
× 4番アミークス

◎ミヤマザクラは、前走の京都2歳Sで、共同通信杯でも人気になりそうなマイラプソディにコンマ3秒差の2着好走。3着以下には3馬身差をつけており、牝馬限定戦なら力上位。その京都2歳Sがレースタイム差-1.0で、勝ち上がった未勝利戦(札幌芝2000m)が同-2.2だから、高速決着もお手の物だ。

○チアチアクラシカは、前々走の未勝利戦(東京芝1600m)が、前半800m47.1秒-後半800m47.0秒の平均ペースを、ラスト33.6秒の豪脚で差し切り。その未勝利戦がレースタイム差-2.0で、7着敗退の菜の花Sが同+1.8だから、明らかに時計が速い馬場の方が合っている。使い詰めで上積みは見込めないだけに、ここが最後の勝負になる。

▲シャンドフルールは、レースタイム差+1.2の紫菊賞で6着に負けた後、レースタイム差-1.1だった千両賞で巻き返したように、時計が速い東京マイルは合っているはず。今回は有利枠を引き、鞍上がコース得意の武豊騎手なら、上位逆転があっても驚けない。

△マジックキャッスルは、とにかく時計が速くなってほしい。×アミークスは、時計がかかって連対圏。

京都メインの洛陽Sの予想はこちら→(◎10番フロンティア)
小倉メインの紫川特別の予想はこちら→(◎12番アルモニカ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA