【予想】ラッキーライラック このメンバーなら戦ってきた相手が違う【エリザベス女王杯の予想】 

 

こんばんわ、ウキョーです。
重賞勝ち馬が6頭しかいませんね。アーモンドアイもリスグラシューもディアドラもいないメンツですから、メンバーレベルは一枚落ちますね。
3歳馬が優勝すれば、次代のヒロインの誕生ですが、さて結果はどうなるでしょうか。

京都芝2200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ブライトムーン ×
2 ラッキーライラック
2
3 シャドウディーヴァ × ×
4 ウラヌスチャーム ×
3
5 ポンデザール ×
6 クロコスミア
4
7 レイホーロマンス ×
8 クロノジェネシス
5
9 アルメリアブルーム
10 フロンテアクイーン ×
6
11 ラヴズオンリーユー
12 センテリュオ
7
13 サトノガーネット × ×
14 ゴージャスランチ
15 ミスマンマミーア
8
16 スカーレットカラー
17 サラキア
18 レッドランディーニ

【軸推奨馬】
◎ 2番ラッキーライラック
○ 8番クロノジェネシス
▲12番センテリュオ
△ 9番アルメリアブルーム
× 6番クロコスミア

◎ラッキーライラックは、稍重で行われた前走の府中牝馬Sが、1000m通過58.3秒のハイラップを4角3番手の積極策からコンマ3秒差の3着に踏みとどまる、負けて強しの内容。アーモンドアイ、ウインブライトと接戦を演じてきた経験は、このメンバーの中では最上位。また、ここにきてのスミヨン騎手への乗り替わりは、陣営の勝負がかり以外の何物でもない。

○クロノジェネシスは、相性の良いコースで【2 0 1 0】の安定感で、その中身もオークス3着と秋華賞1着だから、実績面でも文句なし。その秋華賞も、前半1000m58.3秒-後半1000m61.6秒の超ハイペースの消耗戦。これを、プラス20キロの仕上がり途上で2着以下に2馬身差だから強かった。あの内容なら初の古馬戦でも大丈夫だろう。

▲センテリュオは、相性の良いコースのトータル成績が【1 4 0 1】で、掲示板を外したのは3歳時のローズS7着だけ。勝ち味に遅い面はあるが、G1のメンバーに入っても戦績面では問題ない。また、相性の悪い新潟記念(新潟芝2000m)で、1000m通過58.6秒のハイラップ、初の牡馬混合重賞を経験しての臨戦過程も好感できる。

△アルメリアブルームは、なるべく時計が速くなってほしい。×クロコスミアは、逆に時計がかかって連対圏。

東京メインのオーロCの予想はこちら→(◎15番エントシャイデン)
福島メインの福島記念の予想はこちら→(◎15番ウインイクシード)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA