【予想】オールフォーラヴ オークス惨敗もここから仕切り直し【ローズSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
馬場状態がどこまで悪化するかわかりませんが、この時期の3歳牝馬戦なら、スピードランクをそのまま重視して良いと思います。

 
阪神芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 レッドランディーニ
2
2 ウスベニノキミ ×
3 スカーレットカラー
3
4 ラテュロス
5 サラキア
4
6 オールフォーラヴ
7 センテリュオ
5
8 サトノワルキューレ
9 アンコールプリュ × ×
6
10 フィニフティ ×
11 トーセンブレス
7
12 ゴージャスランチ ×
13 カンタービレ × ×
8
14 ウラヌスチャーム ×
15 レオコックブルー ×

【軸推奨馬】
◎ 6番オールフォーラヴ
○ 7番センテリュオ
▲ 1番レッドランディーニ
△ 5番サラキア
× 3番スカーレットカラー

◎オールフォーラヴは、相性の良いコースで【1 1 0 0】の安定感で、忘れな草賞(阪神芝2000m)はレースタイム差-1.4の高速決着を制しており、今回のメンバーでもスピードランク2位。オークスでは、さすがに相手が揃って歯が立たなかったが、ここでも人気のサトノワルキューレとはコンマ3秒差だから、逆転できる下地は十分にある。ここを勝って、再びG1戦線に名乗りを上げる。

○センテリュオは、前走の都井岬特別(小倉芝2000m)を1000m通過58.1秒のハイペース、さらにレースタイム差-3.1という高速決着で勝っており、経験値の高さとそのスピードは、ここでも引けを取らない。コース得意の北村友騎手の連続騎乗も心強い。

▲レッドランディーニは、相性の良いコースで【0 1 1 0】と勝鞍はないものの悪くはない。また、相性の悪いチューリップ賞(阪神芝1600m)で負けながらも、5着と掲示板を確保しているのはアドバンテージになる。いまだ500万下の身ではあるが、このメンバーでも遜色ない。

△サラキアは、なるべく時計がかかってほしい。×スカーレットカラーは、有利枠を利した展開待ち。

 
中山メインのラジオ日本賞の予想はこちら→(◎6番ヒラボクラターシュ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA