【予想】メイショウショウブ 有利枠引き時計勝負もどんと来い【ローズSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
クラシックトライアルが始まると、いよいよ秋競馬開幕って感じがします。
牝馬戦線は桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーの2頭が、秋華賞には出走してきませんので、ローズSはとても大事な一戦となります。

阪神芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 メイショウショウブ
2
2 ベストクィーン ×
3
3 ビックピクチャー
4
4 ダノンファンタジー
5
5 モアナアネラ ×
6 シャドウディーヴァ ×
6
7 アルティマリガーレ × ×
8 ウィクトーリア ×
7
9 ラシェーラ × ×
10 シゲルピンクダイヤ ×
8
11 ビーチサンバ ×
12 スイープセレリタス

【軸推奨馬】
◎ 1番メイショウショウブ
○ 6番シャドウディーヴァ
▲12番スイープセレリタス
△ 3番ビックピクチャー
× 4番ダノンファンタジー

◎メイショウショウブは、相性の良いコースで走ったことはないのだが、相性の悪いコースで負けまくっており(阪神JF、桜花賞、クイーンS)、ここは狙いすましたローテーションか。高速決着のオークスでは惨敗だったが、時計勝負に対応できるスピードはある。コース得意の池添騎手を鞍上に、勝って秋華賞へ駒を進める。

○シャドウディーヴァは、レースタイム差-3.8のオークスで6着だったが、レースタイム差-1.4のフローラSでは2着に来ており、時計勝負に対応できるスピードは十分ある。先週の阪神は開幕週のわりに差しも決まっており、自在性のある同馬にとっては絶好の馬場コンディションといえる。

▲スイープセレリタスは、初重賞挑戦で初距離と克服すべき課題は多いが、相性の良いコースで【2 0 0 1】と安定しており、戦績面では見劣らない。さらに、前走の月岡温泉特別(新潟芝1600m)ではレースタイム差-0.6の高速決着を制しており、このメンバーに入ってもスピードは通用する。

△ビックピクチャーは、なるべく時計が速くなってほしい。×ダノンファンタジーは、逆に時計がかかって連対圏。

中山メインのラジオ日本賞の予想はこちら→(◎6番ローズプリンスダム)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA