【予想】コズミックフォース レベルが高かったダービー3着はフロックじゃない【セントライト記念の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山の芝は時計が速くなっています。セントライト記念も、時計勝負に強いスピードタイプを重視したいところです。

 
中山芝2200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ギベオン
2
2 グレイル
3 ショウナンラーゼン × ×
3
4 ジェネラーレウーノ
5 コズミックフォース
4
6 ゼーゲン
7 ブレステイキング
5
8 メイショウロセツ ×
9 タニノフランケル ×
6
10 トラストケンシン × ×
11 ケイティクレバー ×
7
12 レイエスプランドル ×
13 ダブルフラット
8
14 オウケンムーン ×
15 レイエンダ

【軸推奨馬】
◎ 5番コズミックフォース
○15番レイエンダ
▲ 7番ブレステイキング
△13番ダブルフラット
× 4番ジェネラーレウーノ

◎コズミックフォースは、ダービー回顧にある通り、レベルの高かったダービー(東京芝2400m)での3着好走は、今回のメンバーの中では胸を張っていい。前々走のプリンシパルS(東京芝2000m)ではレースタイム差-3.0の高速決着も克服しており、スピード面でも遜色ない。コース得意の石橋脩騎手が鞍上で、さらに有利枠まで引けたとなれば勝機十分。

○レイエンダは、前走の松前特別で1000m通過59.8秒の平均ペースを4番手追走から、ラスト3F11.8秒-11.4秒-11.3秒の加速ラップを、上がり最速の34.1秒で2着以下に2馬身差の完勝。降級組4頭の古馬混合戦でこの結果なら、3歳馬同士の重賞なら十分圏内。ただ、皐月賞やダービーのような強敵揃いの高レベルレースを経験していない中でのダントツ人気なので、本命にはしにくい。

▲ブレステイキングは、相性の良いコースで、フリージア賞(東京芝2000m)3着→プリンシパルS(東京芝2000m)2着→500万下(東京芝2000m)1着と、近3走で好成績を挙げているのはアドバンテージ。前々走のプリンシパルSでは、前記コズミックフォースとアタマ差なら、ここでも好勝負可能。

△ダブルフラットは、とにかく時計が速くなってほしい。×ジェネラーレウーノは、逆に時計がかかって連対圏。

 
阪神メインの仲秋須Sの予想はこちら→(◎1番レインボーフラッグ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA