【予想】ハーレムライン 重賞馬がいないここなら仕切り直せる【紫苑Sの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山芝2000mはそれほど時計は速くなりませんが、開幕週なら時計勝負への対応力が必須となります。
とくに、3歳牝馬限定戦となれば、その傾向は顕著になります。

 
中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 マウレア
2 オハナ × ×
2
3 パイオニアバイオ ×
4 サラス
3
5 ロサグラウカ
6 クイーングラス
4
7 メサルティム × ×
8 ランドネ
5
9 カレンシリエージョ ×
10 ロマンテソーロ ×
6
11 ハーレムライン
12 アヴィオール
7
13 ホクセンジョウオー × ×
14 ノームコア
8
15 レッドべルローズ
16 ロフティフレーズ

【軸推奨馬】
◎11番ハーレムライン
○14番ノームコア
▲12番アヴィオール
△ 1番マウレア
× 8番ランドネ

◎ハーレムラインは、レースタイム差-1.4の高速決着となった桜花賞(阪神芝1600m)では歯が立たなかったが、未勝利(中山芝1600m)勝ちがレースタイム差-2.1だったように、本来は時計勝負になっても問題ない。桜花賞ではG1の壁に跳ね返されたが、2F目から12.1秒以下に落ちないハイラップを経験したことで、一回り強くなっているはず。

○ノームコアは、新馬(福島芝1800m)勝ちがレースタイム差-1.1で、レースタイム差-1.4のフローラS(東京芝2000m)で3着に好走いているように、時計勝負に対応できるスピードは十分で、開幕週の重賞なら絶好の舞台となる。有利枠を引き、鞍上はコース得意のルメール騎手となれば、展開も自ずと向いてくる。

▲アヴィオールは、前走の藻岩山特別(札幌芝1800m)で4着に負けているが、2F目から11.2秒-11.8秒-11.7秒-11.5秒-11.7秒-11.8秒-11.8秒というハイラップだったことを考えれば、あれが良い経験になったはず。新馬戦(東京芝1600m)ではレースタイム差-1.4で勝ち上がっており、ここでも力は通用する。

△マウレアは、なるべく時計がかかってほしい。×ランドネは、有利枠を利した展開待ち。

 
阪神メインのエニフSの予想はこちら→(◎8番メイショウヒサカタ)


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA