【予想】カレンブーケドール 強さ際立ったオークス2着【紫苑Sの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山芝2000mは本質的に時計がかかるコースですが、例年、秋開催の開幕週はかなりの高速馬場となります。
となれば、レースレコードの高速決着となったオークスで2着だったカレンブーケドールが、やはり本命候補です。

中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 エアジーン   ×
2
2 クールウォーター
3 スパークオブライフ × ×
3
4 フィリアプーラ
5 レッドベルディエス  
4
6 フェアリーポルカ ×
7 トーセンガーネット ×
5
8 グラディーヴァ
9 ウエスタンランポ × × ×
6
10 レオンドーロ
11 メイクハッピー
7
12 ローズテソーロ × ×
13 アップライトスピン ×
8
14 カレンブーケドール
15 パッシングスルー ×

【軸推奨馬】
◎14番カレンブーケドール
○10番レオンドーロ
▲ 5番レッドベルディエス
△ 4番フィリアプーラ
×15番パッシングスルー

◎カレンブーケドールは、レースタイム差-3.8の超高速決着だったオークスで2着と、時計が速い馬場は大得意。また、そのオークスは前半1000m59.1秒-後半1000m59.2秒のハイラップを4角先頭の積極策で粘りこんだ。勝ったラヴズオンリーユーより強い競馬であり、このメンバーなら力は抜けている。

○レオンドーロは、フローラSで13着の大敗を喫しているが、このメンバーに入ればスピードランク1位と、時計は十分に足りている。相性の良いコースで【1 3 1 2】と安定しているのも強み。ハイペースのひめさゆり賞で2着に来ているように、タフな展開になっても問題ない。

▲レッドベルディエスは、前走の織姫賞(福島芝1800m)が、前半800m47.5秒-後半800m49.1秒のハイペースで勝ち上がった。それが初古馬戦でのもので、3歳牝馬限定戦なら重賞でも通用する。今回は有利枠を引き、鞍上はコース得意のルメール騎手なら好勝負可能。

△フィリアプーラは、なるべく時計がかかってほしい。×パッシングスルーは、逆に時計が速くなって連対圏。

阪神メインのエニフSの予想はこちら→(◎3番ヴァニラアイス)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA