【予想】イベリス 高評価のアーリントンCから前走3着ならG1でも通用【スプリンターズSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
群雄割拠のスプリント戦線は、ここも大混戦です。出走馬の中に、4項目をクリアした馬すらいません。
人気のダノンスマッシュはスピードランク8位で、時計が速くなると厳しそうですし、タワーオブロンドンは急遽使った感が否めないセントウルSが余計でした。
どちらも連下までの評価です。

中山芝1200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アレスバローズ
2 ダノンスマッシュ
2
3 セイウンコウセイ ×
4 リナーテ
3
5 レッツゴードンキ × ×
6 ノーワン
4
7 モズスーパーフレア
8 タワーオブロンドン ×
5
9 ディアンドル
10 ラブカンプー
6
11 マルターズアポジー ×
12 ダイメイプリンセス × ×
7
13 ミスターメロディ
14 ハッピーアワー ×
8
15 イベリス ×
16 ファンタジスト ×

【軸推奨馬】
◎15番イベリス
○ 7番モズスーパーフレア
▲ 9番ディアンドル
△ 4番リナーテ
× 1番アレスバローズ

◎イベリスは、NHKマイルCでは惨敗を喫したが、その前走のアーリントンC(阪神芝1600m)が高評価(詳しくはコチラ→)。休み明けのセントウルSではレースタイム差-1.1の高速決着で3着と、叩き台としては上々の結果。ワーストランクの浜中騎手が不安材料だが、そこは有利枠を引いたことで相殺したい。

○モズスーパーフレアは、同コースのカーバンクルS、オーシャンSをそれぞれレースタイム差-1.0、-0.9の高速決着で制しており、このコースは本当に得意にしている。前走の北九州記念では、26キロ増の太目残りで逃げられず4着敗退だったが、叩いた今回はいつもの逃げが打てるはず。

▲ディアンドルは、相性の良いコースで【3 1 0 0】の安定感で、戦績面では抜けている。時計勝負に強いタイプなので、最終週の馬場は合わないが、7秒台中盤以下の決着なら好勝負できる。ただ、ここまで1200mしか経験していないのがネック。スプリンターズS史上、1200m戦しか経験していなかった馬の連対は皆無である。

△リナーテは、なるべく時計がかかってほしい。×アレスバローズは、逆に時計が速くなって連対圏。

阪神メインのポートアイランドSの予想はこちら→(◎7番アマルフィコースト)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA