【回顧】インディチャンプの圧巻勝利に驚き【東京新聞杯の回顧】

 

東京新聞杯のインディチャンプには驚かされました。まさか、ここまで強いとは……。今年も、東京新聞杯はハズレました。

各開催場の馬場差

2月2日(土)
   東京 芝 -0.4
   東京ダート -0.4
   京都 芝 +0.1
   京都ダート +0.6
   中京 芝 -0.4
   中京ダート -0.4
2月3日(日)
   東京 芝 -1.2
   東京ダート -0.3
   京都 芝 +0.7
   京都ダート +1.1
   中京 芝 -1.2
   中京ダート -0.3

※馬場差:当日の全レースを対象にしたタイム差。マイナスなら時計の速い馬場、プラスなら時計のかかる馬場。

先週の東京は、芝もダートも、土日ともに時計が速かった。

京都は、相変わらず芝もダートも時計がかかっていた。

中京は、芝の時計が速かったが、ダートは時計がかかっていた。

インディチャンプの圧巻勝利に驚き/東京新聞杯

東京新聞杯は、×インディチャンプが、4連勝で重賞初制覇を成し遂げ、いよいよ素質馬が本格化してきた。

馬場差-1.2で、レースタイム差-1.1。

日曜の東京芝は時計が速く、東京新聞杯もレースタイム差-1.1の高速決着となった。

ショウナンアンセムの逃げは、前半800m45.7秒-後半800m46.8秒のハイペース。
勝ったインディチャンプは出負けるも、素早くリカバリーしてポジションを確保すると、ラスト33.5秒で差し切った。

インディチャンプは、時計が評価されるのは当然ながら、出負けも初めてのハイペースも物ともしない精神的タフさが素晴らしい。
抜け出してからソラを使っているように、まだまだ幼い面を残しながらの完勝だから、福永騎手が「G1への期待が確信に変わった」と言うのも頷ける。

◎ロジクライは、時計もペースも勝った富士S(東京芝1600m)とさして変わらない中、直線失速して9着敗退。
記録面からの敗因がわからないので、体調面か精神面で何かあったのだろうか。

○タワーオブロンドンは、直線で伸びそうで伸びず5着まで。今回のレースを見る限り、マイルだと若干長いのかもしれない。


ダノンチェイサー クラシックには直結しない勝利/きさらぎ賞

日曜の京都で行われたきさらぎ賞は、ダノンチェイサーが初重賞制覇を飾り、クラシック戦線へ名乗りを上げた。

馬場差+0.7で、レースタイム差+1.8。

日曜の京都芝は時計がかかっていたとはいえ、きさらぎ賞のレースタイム差+1.8は、とてもじゃないが評価できない。

逃げたランスオブプラーナのペースは、前半1000m61.2秒-後半1000m60.4秒の平均やや遅めで、ラップ面からも強調できる点はない。
勝った○ダノンチェイサーは、スピードランク2位ながら、この時計に対応できたのは今後への糧となるだろうが、この勝利がクラシックに直結することはないだろう。

◎メイショウテンゲンは、いったん伸びかけたが、ゴール前で脚色が鈍り、コンマ8秒差の5着敗退。
ここではスピードランク1位だったように、今回の時計では遅すぎた。時計が速い馬場に替わって、改めてその走りに注目したい。

2歳戦の注目馬はプレイヤーズハイ/未勝利(京都ダ1800m)

先週の2歳戦で、もっとも見どころがあったのは、土曜の京都第2Rに行われた未勝利戦(ダ1800m)である。

馬場差+0.6で、レースタイム差-0.6。

京都ダートは土日を通じて時計がかかっていた。土日を合わせてダート戦は15鞍だったが、レースタイム差がマイナスになったのは、プレイヤーズハイが勝った未勝利戦だけだった。

レース自体も、前半1000m62.6秒-後半1000m64.5秒のハイペースながら、ラスト3Fは12.6秒-12.8秒-12.8秒とそれほど減速していない。実際、逃げたアイキャンテーラーが2着に残っている。

そんな中、プレイヤーズハイは、10-10-9-5の積極的な競馬で、2着馬に1馬身差の完勝。3着馬はそこから4馬身、4着馬はさらに2馬身半差だから、ここでは格が違った。
序盤にポジションを取れない欠点はあるが、そのスピードは昇級しても通用するだろう。

次走の注目馬・トゥザクラウン(1000万下・東京芝1400m)

日曜 東京第12R 1000万下・芝1400m 1着トゥザクラウン

日曜の東京芝は時計が速いコンディションだったが、トゥザクラウンが勝った最終レースは、レースタイム差-2.2という速さで、1000万クラスでは史上最速タイムである。

レースは、前半600m33.7秒-後半600m34.5秒の平均やや速めのペースで、トゥザクラウンは、2番手追走から抜け出すと、2着以下に5馬身差の圧勝だった。これまでのツメの甘さが嘘のような完勝で、昇級しても通用するだろう。


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA