【回顧】不得手な馬場で勝ち切ったトリオンフの今後に期待大【中山金杯のタイム分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
金杯ハズレ! カーバンクルSも万葉Sもダメ!
幸先悪いですが、来週からまた頑張ります。

各開催場の馬場差

1月5日(日)
   中山 芝 -0.4
   中山ダート +0.3
   京都 芝 +1.2
   京都ダート -0.1
1月6日(月)
   中山 芝 +0.1
   中山ダート -0.3
   京都 芝 +1.7
   京都ダート +0.5

※馬場差:当日の全レースを対象にしたタイム差。マイナスなら時計の速い馬場、プラスなら時計のかかる馬場。

先週の中山は、土日ともに芝の時計はやや速かった。ダートは、両日ともにかなり時計がかかっていた。

京都は、芝もダートも時計がかかっていた。とくに芝の時計はかなり遅く、時計勝負に強いスピードタイプは苦戦を強いられた。

不得手な馬場で勝ち切ったトリオンフの今後に期待大/中山金杯

馬場差-0.4で、レースタイム差-0.5。

土曜の中山芝はそれほど時計は速くならず、中山金杯もレースタイム差-0.5まで。

逃げたのはブラックスピネル。前半1000m60.2秒-後半1000m59.9秒の平均ペースだったが、ラスト1Fで12.7秒も要しており、見た目以上にタフなレースだったようだ。

勝ったトリオンフを無印にしたのは、この馬は時計勝負に強いスピードタイプなので、時計がかかりそうな今回は馬場が合わないと思ったから。
ところが、そんな思惑は杞憂だった。不得手な馬場もなんのその、2番手から渋太く粘り切って重賞3勝目だから驚いた。
今後、中距離戦線で活躍が期待できる。

2着○ウインイクシードは、そつのない競馬でアタマ差2着。スピードランク5位で、若干時計がかかったことも功を奏した。
それでも、OP特別2着で福島記念から1キロ増のハンデで結果を残せたことは、今後につながるはず。

◎レッドローゼスは、後方からの競馬。前走の福島記念も後方からだったが、今回は前に行くものだと思っていた。
残念ながら、読みがハズレ。これからも後方一気の競馬を続けるのだろうか。だとすると、ちょっと買いづらくなる。




緩いラップでコース巧者が上位独占/京都金杯

馬場差+1.2で、レースタイム差+0.5。

土曜の京都芝はかなり時計がかかっており、京都金杯もレースタイム差+0.5と時計がかかった。

逃げたのは、やはりマルターズアポジーで、前半800m47.1秒-後半800m46.9秒の平均ペース。
馬場差+1.2を考慮しても、古馬G3戦としては緩いペースで、レースレベルとしては若干物足りない。

勝った○サウンドキアラは、スピードランク9位だったことからもわかるように、時計がかかったことが好走の要因だろう。初重賞制覇はすばらしいのだが、今後も重賞戦線でとなると、高速決着に対応するための経験が必要になりそうだ。

◎メイショウショウブは、時計がかかる馬場を得意にしているので、この時計ならせめて掲示板はほしかった。
中1週で馬体重+8キロ。前走の阪神Cも+10キロだった。成長分もあろうが、もしかしたら冬場は馬体が絞りにくいのかもしれない。

次走の注目馬・ライラックカラー(カーバンクルS・中山芝1200m)

日曜 中山第11R カーバンクルS・芝1200m 1着ライラックカラー

カーバンクルSはレースタイム差+0.4と時計がかかっており、時計勝負に強いスピードタイプには厳しかった。
スピードランク1位のビップライブリーが6着、同2位のエスターテが10着という中で、同3位の○ライラックカラーは見事な勝利をあげた。

これが初の1200m戦だったが、序盤は追走に一杯に見えたが、直線は最後方からラスト33.6秒で豪脚一閃。ペースに慣れてくれば、もう1列前で競馬をすることもできるだろう。高速決着のオープン戦を経験できれば、重賞戦線でもやっていける。

2歳戦の注目馬はサザンレインボー(未勝利・中山ダ1200m)

先週の2歳戦で、もっとも見どころがあったのは、日曜の中山3Rに行われた未勝利戦(ダ1200m)である。

日曜の中山ダートは時計がかかっており、土曜に行われたダート全7鞍の中で、レースタイム差-1.0より速かったのはサザンレインボーが勝った未勝利戦だけだった。
サザンレインボーは、前半600m34.8秒-後半600m37.3秒のハイペースでレースを作り、2着着馬に1+3/4馬身差。さらに3着以下は、そこから8馬身差だから、圧倒的だった。

しかも、今回は4か月半の休み明けで、馬体重+22キロ。成長分を加味しても、まだまだ良化の余地はある。昇級しても通用する。


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA