【回顧】初ダートで結果を残したモズアスコットは将来性十分【根岸のタイム分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
根岸Sのモズアスコットにはビックリしました。ダート戦線はいつでも層が厚く、初ダートのダート重賞で結果を残すのは、並大抵のことではありません。
実際、初ダートで重賞を勝ったのは、ヤマニンキングリー、メイショウボーラー、サイレントディール、クロフネ、トーヨーリファール、ナリタハヤブサの6頭だけです(2、3歳限定戦は除く)。錚々たるメンバーです。
モズアスコットも、先人たちと同じように、これからのダート戦線を引っ張っていけるのではないでしょうか。

各開催場の馬場差

2月1日(土)
   東京 芝 -0.7
   東京ダート -0.1
   京都 芝 +1.0
   京都ダート +0.4
   小倉 芝 +3.3
   小倉ダート -1.5
2月2日(日)
   東京 芝 -1.2
   東京ダート +0.8
   京都 芝 +1.0
   京都ダート +0.6
   小倉 芝 +2.1
   小倉ダート -0.5

※馬場差:当日の全レースを対象にしたタイム差。マイナスなら時計の速い馬場、プラスなら時計のかかる馬場。

先週の東京は、週中にまとまった雨が降ったものの、開幕週らしく芝の時計は速く、ダートは若干時計がかかっていた。

京都は、連続開催でもあり、先週と同じように芝もダートも時計がかかっていた。

小倉は、雨の影響もあり、芝の時計がかなり遅く、土日ともに時計勝負に強いスピードタイプには厳しかった。ダートは両日ともに、時計が速かった。

初ダートで結果を残したモズアスコットは将来性十分/根岸S

馬場差+0.8で、レースタイム差-0.3。

日曜の東京ダートは時計がかかっていたが、根岸Sはレースタイム差-0.3と時計面では及第点以上を与えられる。

×コパノキッキングがなんなくハナに立つが、外からドリームキラリが押して押してハナを奪い、前半600m35.0秒-後半600m35.4秒の平均ペース。
しかし、+0.8の馬場差を考慮するとハイラップと言っていい。

さらに、このハイラップでありながら、ラスト3Fが11.9秒-11.6秒-11.9秒という速さだからビックリした。
良馬場の東京ダ1400mで、ラスト3Fがすべて11秒台だったのは、アンダーカウンターが勝った2008年の1000万下平場戦以来、史上2例目のこと。その1000万下戦はスローペースだったので、平均以上のラップでは稀有なラップと言っていい。

このペースで勝ち切ったモズアスコットは、すばらしい!
無印にしたのは、冒頭に書いた通り、かつての並み居る強豪に比するほどの力を感じていなかったからだが、終わってみれば半端じゃない強さだった。
これなら、サウジアラビアやドバイ組が抜けたフェブラリーSなら、十分に本命扱いできる。

◎ワンダーリーデルは、エンジンがかかり出してからはラスト34.7秒というすばらしい末脚を披露したが、直線に入ってからの反応がひと息で、そこで行ききれなかった差が出た感じ。休み明けの分もあったと思うので、叩いた本番は変わってくるだろう。




課題はあるが短距離戦線で面白い存在になりそうなアウィルアウェイ/シルクロードS

馬場差+1.0で、レースタイム差+0.9。

日曜の京都芝はかなり時計がかかっており、シルクロードSもレースタイム差+0.9と時計がかかった。

大方の予想通り、×モズスーパーフレアがハナを奪い、前半600m33.9秒-後半600m35.1秒のハイペース。それでも、×モズスーパーフレアにとってはマイペース。

ただ、高速決着に強い×モズスーパーフレアが最後の最後で甘くなり、外に持ち出した◎アウィルアウェイがラスト33.7秒で豪快に差し切った。

現状の短距離戦線はタワーオブロンドンが引っ張り、グランアレグリアが新星として誕生したが、確たる主役は不在の状況で、今回の勝利で◎アウィルアウェイも新星の一頭として俄然注目されることになる。
しかし、いまだ1分8秒台で勝鞍がないことから、時計勝負になったときは未知数。
G3、G2ならまだしも、高速決着になる高松宮記念ではちょっと厳しいかもしれない。

次走の注目馬・アイルチャーム(周防灘特別・小倉芝1200m)

日曜 小倉第11R 周防灘特別・芝1200m 8着アイルチャーム

日曜の小倉芝はかなり時計がかかっており、周防灘特別もレースタイム差+1.9と時計を要した。
勝ったナーゲルリングがスピードランク14位、2着△ケイアイサクソニーが同8位、3着イサチルルンルンに至っては同18位である。
これでは時計勝負に強いスピードタイプの出番はない。

そんな中で、スピードランク3位の○アイルチャームは、強気に3番手追走から、直線もあわやの場面。最後は力尽きて8着敗退も、着差はコンマ5秒差だから、時計の速い馬場なら巻き返しは必至。

2歳戦の注目馬はナリタブレード(未勝利・京都芝1600m)

先週の2歳戦で、もっとも見どころがあったのは、土曜の京都5Rに行われた未勝利戦(芝1600m)である。

土曜の京都芝は、時計がかかっていたが、ナリタブレードが勝った未勝利戦は、レースタイム差-0.7の高速決着で、タイム面では申し分ない。

レースも、前半800m46.6秒-後半800m49.3秒のハイペースで、さらにラスト3Fは12.5秒-12.2秒-12.1秒の加速ラップである。このラップなら、好位組が強いはずだが、勝ったナリタブレードは、4角10番手からラスト35.7秒で、2着以下に7馬身差の圧勝である。
上り次点とは実に1.2秒差、レース上りとは1.1秒差だから、ここでは格が違った。

ここまでの4戦で惜敗を続けてきたのが嘘のような決め手。これなら昇級しても即通用する。


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA