【東京新聞杯】ヴァンドギャルド OP返り咲きの4歳馬が重賞戦線へ殴り込み

 

こんばんわ、ウキョーです。
東京マイルは時計が速いコースです。先週のコースコンディションも良好で、ここも時計は速くなると思います。

東京芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 プリモシーン
2 ヴァンドギャルド
2
3 モルフェオルフェ ×
4 クルーガー
3
5 サトノアーサー
6 レイエンダ ×
4
7 ケイデンスコール
8 スウィングビート ×
5
9 レッドヴェイロン ×
10 ロワアブソリュー ×
6
11 キャンベルジュニア ×
12 シャドウディーヴァ
7
13 クリノガウディー ×
14 ゴールドサーベラス ×
8
15 ケイアイノーテック ×
16 ドーヴァー

【軸推奨馬】
◎ 2番ヴァンドギャルド
○ 1番プリモシーン
▲ 9番レッドヴェイロン
△12番シャドウディーヴァ
×16番ドーヴァー

◎ヴァンドギャルドは、相性の良いコースで【1 0 2 0】とそれほど強調できないが、東スポ杯2歳S、毎日杯3着なら、戦績面では及第点。また、前々走の三年坂特別(京都芝1600m)ではレースタイム差-0.9の高速決着を制しており、ある程度時計が速くなっても対応できる。鞍上がコース得意の福永騎手でもあり、重賞初制覇のチャンス。

○プリモシーンは、府中牝馬S、マイルCSを大敗しての臨戦だが、距離が長かったり、牡馬混合で4角不利があったりと、酌量の余地はある。スピードランク2位で、時計勝負になればなるほどアドバンテージとなり、今の高速馬場は合っている。Mデムーロ騎手がテン乗りになるが、コースランク2位なら問題ない。

▲レッドヴェイロンは、相性の良いコースで【3 1 1 0】の安定感で、馬券圏外を外していない戦績は評価できる。このメンバーに入ってもスピードランク1位と、高速決着になってもOK。不利枠を引いた分を割り引いたが、鞍上はコース得意のルメール騎手なら逆転があっても驚けない。

△シャドウディーヴァは、なるべく時計がかかってほしい。×ドーヴァーは、コース得意の北村宏騎手の手腕に期待。

京都メインのきさらぎ賞の予想はこちら→(◎1番コルテジア)
小倉メインの関門橋Sの予想はこちら→(◎10番ダンサール)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA