【予想】ヴェロックス 圧巻の新馬戦のレースができれば重賞でも通用【東スポ杯2歳Sの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
今年の2歳戦はスローペースが多くて、各馬の実力を測りかねるレースばかりです。
東スポ杯2歳Sは、せめて平均ペースで流れるレースを見てみたいです。

 
東京芝1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ハクサンタイヨウ × × ×
2 ニシノデイジー ×
2
3 カテドラル
4 アガラス
3
5 ヴァンドギャルド
6 トーラスジェミニ ×
4
7 ヴェロックス
8 トーセンギムレット ×
5
9 ダノンラスター
10 クリノガウディ―
6
11 ナイママ × ×
12 ホウオウサーベル ×
7
13 メイスンハナフブキ ×
14 アドマイヤスコール
8
15 ルヴォルグ ×
16 ゴータイミング ×

【軸推奨馬】
◎ 7番ヴェロックス
○15番ルヴォルグ
▲ 6番トーラスジェミニ
△ 9番ダノンラスター
× 4番アガラス

◎ヴェロックスは、前々走のデビュー戦(小倉芝1800m)が圧巻だった。超スローペースながら、ラスト3Fが11.8秒-11.3秒-11.3秒とスピードが落ちないまま、2着以下に8馬身差の圧勝で、レースタイム差は-1.9。最後は流していたので、時計はもっと詰まったはず。前走の野路菊S(阪神芝1800m)ではカテドラルに逃げ切りを許してしまったが、今回は逆転できる。

○ルヴォルグは、前走のデビュー戦(東京芝1800m)がレースタイム差-1.0の高速決着で、2着以下に4馬身差の圧勝だった。前半800m50.2秒のスローペースだったとはいえ、ラスト3Fが11.4秒-11.0秒-11.3秒は優秀。コース連対率32.3%のムーア騎手を鞍上に迎え、一気に重賞制覇のチャンス到来。

▲トーラスジェミニは、前走の百日草特別(東京芝2000m)は最低人気の評価を覆す勝利だったが、決してフロックではない。未勝利戦(新潟芝1800m)の基準タイム差は-1.4で、百日草特別が基準タイム差-2.2だから、時計が速くなる東京芝1800mは絶好の舞台となるはず。

△ダノンラスターは、なるべく時計が速くなってほしい。×アガラスは、逆に時計がかかって連対圏。

 
京都メインのアンドロメダSの予想はこちら→(◎8番ドレッドノータス)
福島メインのフルーツラインCの予想はこちら→(◎13番ヒメタチバナ)


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA