【予想】リバティハイツ 休み明け叩いて昨年の雪辱を晴らす【ターコイズSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
先週の中山芝は、それほど時計が出ないコンディションでした。
今週も、金曜日の段階でぎりぎり良馬場の含水率で、後半になればなるほど時計はかかってきてそうです。

中山芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 メイショウグロッケ ×
2 ウインシャトレーヌ
2
3 モアナ
4 ハーレムライン ×
3
5 デンコウアンジュ × ×
6 フロンテアクイーン ×
4
7 シゲルピンクダイヤ ×
8 エスポワール
5
9 リバティハイツ
10 ダノングレース
6
11 オールフォーラヴ
12 フローレスマジック ×
7
13 コントラチェック
14 フィリアプーラ ×
8
15 ディメンシオン ×
16 トロワゼトワル

【軸推奨馬】
◎ 9番リバティハイツ
○ 3番モアナ
▲13番コントラチェック
△16番トロワゼトワル
×15番ディメンシオン

◎リバティハイツは、昨年の同レースをレースタイム差-0.8で2着、今年の安土城Sがレースタイム差-1.4で2着と好走しており、本質的には時計が速いコースが合っているが、このメンバーに入るとスピードランク6位と、ぴったりの時計となりそう。去年の同レースでは不利枠を克服しての2着だったが、今年は待望の有利枠を引けた。

○モアナは、相性の良いコースで【2 1 1 0】と安定しており、昇級しての重賞初挑戦だが、戦績面では問題ない。前走の秋風Sがレースタイム差-1.1の高速決着だったが、本質的には時計がかかる方が向いている。ここならスピードランク8位で、時計面でもちょうどいい。

▲コントラチェックは、相性の良いコースで【2 1 0 0】の安定感で、フラワーC勝ちと実績は申し分ない。前走の秋華賞は、オークス以来の実戦で、ハイペースに巻き込まれて大敗を喫したが、休み明けを叩いて距離短縮は好材料。また、その秋華賞でレベルの高いハイペースを経験できたのもアドバンテージ。

△トロワゼトワルは、とにかく時計が速くなってほしい。×ディメンシオンは、戦績項目のマイナスを克服できれば。

阪神メインのタンザナイトSの予想はこちら→(◎11番ディープダイバー)
中京メインの三河Sの予想はこちら→(◎10番キラービューティ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA