【予想】プリモシーン 相性の良いコースに替わって悲願のG1制覇【ヴィクトリアMの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
目移りするメンバーが揃いましたが、本命はプリモシーンになりました。
ただ、この馬。牝馬戦になると、なぜか成績が落ちるんですよね。桜花賞10着、秋華賞7着、ターコイズS8着……。。
NHKマイルC、関屋記念、ダービー卿CTと、好走した重賞は牡馬混合戦ばかりです。
さて、ここはどうでしょうか。

東京芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アマルフィコースト ×
2 レッドオルガ
2
3 クロコスミア
4 ノームコア
3
5 メイショウオワラ × ×
6 ラッキーライラック
4
7 ミッキーチャーム
8 デンコウアンジュ × ×
5
9 プリモシーン  
10 ミエノサクシード   ×
6
11 アエロリット
12 ワントゥワン × ×
7
13 サトノワルキューレ
14 レッツゴードンキ ×
15 カンタービレ
8
16 ソウルスターリング ×
17 サウンドキアラ  
18 フロンテアクイーン ×

【軸推奨馬】
◎ 9番プリモシーン
○11番アエロリット
▲ 7番ミッキーチャーム
△ 2番レッドオルガ
×15番カンタービレ

◎プリモシーンは、相性の良いコースのトータル成績が【3 2 0 2】で、掲示板を外したのは前々走のターコイズS(中山芝1600m)8着の一度だけ。昨夏の関屋記念(新潟芝1600m)では、前半800m45.7秒のハイペースを押し切り、1.31.6の好時計勝ち。このメンバーでもスピードランク1位と速力抜群で、いよいよG1制覇が見えてきた。

○アエロリットは、相性の良いコースで【2 4 0 1】の安定感。唯一の馬券圏外も、昨年のヴィクトリアMの4着だけ。G1メンバーの牡馬とも互角に渡り合ってきた力は、ここに入れば上位確実。問題は、海外惨敗の凱旋レースということで、力は認めても評価は一枚割り引いた。

▲ミッキーチャームは、出走馬の半数が使った前走の阪神牝馬S(阪神芝1600m)を勝っており、大きなアドバンテージ。スピードランク2位と、ここに入ってもスピード負けはしないし、今回は有利枠を引き、鞍上がコース得意の川田騎手なら、ここで一気にG1制覇があってもおかしくない。

△レッドオルガは、なるべく時計がかかってほしい。×カンタービレは、コース得意の北村友騎手の手腕に期待。

東京準メインのプリンシパルSの予想はこちら→(◎8番マイネルサーパス)
京都メインの栗東Sの予想はこちら→(◎5番スマートダンディー)
新潟メインの赤倉特別の予想はこちら→(◎7番トレジャートロ―ヴ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA