アーモンドアイ タフな消耗戦ならマイル界制圧は目前【安田記念の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
もはや日本に敵なしと思われたアーモンドアイが、マイル戦線に殴り込みです。高速決着でこそのスピードタイプですから、凱旋門賞をスルーしたのは好判断だったと思います。

東京芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ケイアイノーテック
2 アエロリット
2
3 サクラアンプルール
4 サングレーザー
3
5 インディチャンプ
6 グァンチャーレ × ×
4
7 モズアスコット ×
8 ステルヴィオ
5
9 スマートオーディン ×
10 フィアーノロマーノ
6
11 エントシャイデン ×
12 ロードクエスト × × ×
7
13 ペルシアンナイト
14 アーモンドアイ
8
15 ダノンプレミアム
16 ロジクライ

【軸推奨馬】
◎14番アーモンドアイ
○15番ダノンプレミアム
▲10番フィアーノロマーノ
△13番ペルシアンナイト
× 2番アエロリット

◎アーモンドアイは、ハイペースのオークスを勝ち、超ハイラップとなったジャパンCで牡馬をなで斬りにしたように、タフな消耗戦で真価を発揮する。今回は、前走ハイペースを演出したアエロリットが絶好の内枠を引いており、ここもスローにはならないだろう。有利枠を引き、鞍上はコース得意のルメール騎手なら、久しぶりのマイルも問題ない。

○ダノンプレミアムは、相性の良いコースで【2 0 0 0】の安定感で、スピードランク1位タイとアーモンドアイにも見劣らない。ただ、3歳以降にハイペースを経験していないのが弱材料で、コース得意の川田騎手をもってしても対抗まで。

▲フィアーノロマーノは、相性の良いコースとのトータル成績が【2 0 0 1】で、掲示板を外したことは一度もない。前走のダービー卿CTは、前半800m45.1秒のハイペースを勝ち切り、レースタイム差-1.8の好タイム。初のG1参戦となるが、前走内容なら、このメンバーに入っても遜色ない。

△ペルシアンナイトは、なるべく時計がかかってほしい。×アエロリットは、前走5着に価値あり、ここも展開次第。





応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA