【予想】メイショウテンゲン OP2戦目で前進見込める【弥生賞の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
先週の中山芝は時計が速かったので、弥生賞もそこそこ時計は出るんじゃないかと思います。

中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ラストドラフト
2
2 ニシノデイジー
3
3 カントル  
4
4 サトノラディウス ×
5
5 シュヴァルツリーゼ   ×
6
6 ヴァンケドミンゴ ×
7
7 ラバストーン   ×  
8 ブレイキングドーン  
8
9 ナイママ    
10 メイショウテンゲン    

【軸推奨馬】
◎10番メイショウテンゲン
○ 1番ラストドラフト
▲ 3番カントル
△ 4番サトノラディウス
× 8番ブレイキングドーン

◎メイショウテンゲンは、前々走の未勝利戦(阪神芝1800m)がレースタイム差-0.8の高速決着を2馬身差で勝っており、2着馬も次走で勝ち上がっている。今回のメンバーではスピードランク2位と時計上位。前走のきさらぎ賞(京都芝1800m)は初オープンで5着に敗れたが、重賞2戦目で前進を期待したい。

○ラストドラフトは、前走の京成杯(中山芝2000m)が前半1000m61.1秒のスローペースで、前々走の新馬戦(東京芝1800m)が前半1000m63.4秒のスローペースと、どちらも瞬発力勝負を制してきた。経験値は足りないが、ここもペースは速くならなそうで、得意のペースなら力上位。

▲カントルは、前走のセントポーリア賞(東京芝1800m)をレースタイム差-0.3で2勝目をあげた。あまり時計が速くなると未知数だが、前走の2着馬はすでに勝ち上がっており、ここでも力は通用する。

△サトノラディウスは、なるべく時計がかかってほしい。×ブレイキングドーンは、コース得意の福永騎手の腕しだい。

阪神メインの大坂城Sの予想はこちら→(◎6番ナイトオブナイツ) 小倉メインの大宰府特別の予想はこちら→(◎5番リュヌルージュ)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA