【淀短距離S】シヴァージ 初芝の前走に見どころあり

 

こんばんわ、ウキョーです。
先週の京都芝は、開幕週とは思えないほど時計がかかっていました。「昨秋の痛みが残る状態」との発表があったとはいえ、想定外の時計でした。
今週も馬場が回復するとは思えず、力のいる馬場が続きそうです。

京都芝1200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ラブカンプー ×
2
2 メイショウケイメイ × ×
3 イベリス
3
4 ボンセルヴィーソ ×
5 ハッピーアワー
4
6 シヴァージ
7 シャドウノエル
5
8 ダイシンバルカン ×
9 スマートオーディン
6
10 カラクレナイ ×
11 ロジクライ
7
12 アイラブテーラー
13 ジョーカナチャン ×
8
14 エイシンデネブ ×
15 ティーハーフ ×

【軸推奨馬】
◎ 6番シヴァージ
○ 9番スマートオーディン
▲11番ロジクライ
△ 5番ハッピーアワー
×12番アイラブテーラー

◎シヴァージは、前走の阪神Cが初芝だった。勝馬のグランアレグリアには離されたが、2着馬とはコンマ5秒差。前半600m33.9秒のハイペースにも戸惑うことなく追走できており、オープンでも通用する力は見せられた。今回は2度目の芝で慣れも見込め、さらに有利枠まで引けた。鞍上もコース得意の川田騎手なら、巻き返しがあっていい。

○スマートオーディンは、相性の良いコースで【1 0 0 2】と威張れるものではないが、その内訳が阪急杯(阪神芝1400m)勝ちなら胸を張っていい。スピードランク10位と、時計がかかる今の京都芝は合っている。初の59キロを背負うことで評価は下げたが、逆転があっても驚けない。

▲ロジクライは、レースタイム差-1.5の高速決着だった京王杯SCで3着に好走しているが、今回のメンバーに入るとスピードランク9位と、時計がかかる今の京都芝は合っているはず。59キロは若干不安だが、そこは有利枠と、コース得意の鞍上ルメール騎手で相殺できれば。

△ハッピーアワーは、なるべく時計がかかってほしい。×アイラブテーラーは、逆に時計が速くなって連対圏。

中山メインの迎春Sの予想はこちら→(◎12番サトノエルドール)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA